スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食料危機と対策

太閤記(下)司馬遼太郎 P29~より


藤吉朗=豊臣秀吉のむかしの名前

吉川経家=鳥取城の城主

山名家=鳥取城の兵士達


とにかく、藤吉朗は鳥取城を攻め落とさなければならない。
が、なにぶん山陰有数の堅城であり力攻めすれば、損害は計り知れぬであろう。
(吉川経家が入城した以上、鳥取城はいよいよ難攻不落になる)

「北陸はたいそうな飢饉じゃ、米でもよい、麦でもよい、大豆でもよい、この土地の値段の2倍で買おう」
とさかんに吹聴したから、百姓どももあらそって売った。籠城中の山名家の諸将も、
-兵糧を売って軍資金の足しにしよう。
とし、むやみに持ち出しては売った。
城内には金銀が積み上げられて行ったが、兵糧はとぼしくなった。

吉川経家が兵糧を調べると以外に少ない。
しかし、あれほど景気よく買いに来た若狭舟が実は敵の士卒だったことは経家も気づかなかった。
そのようなことが兵法であるとは先人の経験にもなく、兵書軍書にも書かれていないのである。

経家がしらべると、城内の士卒の数は7千人であり、1日で消費する兵糧が40石だとすると、3ヶ月で3600石になる。
ところが城内の兵糧は3000石程度しかなく、これでは3ヶ月ももたない。
経家はおどろき、広島に申しやって大量に兵糧を送らせた。
藤吉朗はそれをも察知しており、運送船をことごとく撃破してしまった。

春、雪どけとともに藤吉朗は2万の大軍を発し、鳥取城をかこみ対峙した。
「あれは、何ぞ」
と、鳥取城内のふるめかしい観念のもちぬしはたちは、わが城のまわりに出来上がってゆく構造物をみて驚いた。
鳥取城の士卒は遠望し、
-上方侍のいくさの仕方はああか。
とあざけった。

城内に飢餓がやってきた。
1月目にはたれも走ることができず、3ヶ月目にはどの城兵にも死相があらわれてきた。
この飢餓から脱出するには敵陣へ斬り込んで討死するほかなかったが、しかし城方がどう挑発しても
攻囲軍はいっさい柵から進まず、鉄砲をもって申し訳程度の応射をしてくるだけである。

「これは、いくさではない」
と吉川経家は毎日なげいた。
兵糧の輸送を頼もうにも、密使は場外に出るまでに斬られてしまい、通信の方法がない。

城内は地獄であった。
4ヶ月目には、紙や草など咀嚼できるものはすべて食らいつくし、馬も乗り換え馬や荷駄の馬はすべて食いつくし、ついに一部のあいだで餓死者の肉を食らう者が出てきた。
古来、人肉を食った例は、残されている資料ではこの鳥取城内の場合しかない。
それもわずか籠城4ヶ月であり、さらには生きている者さえ殺され、仲間に食われた。

城内の事態がそこまで深刻であるとは藤吉朗にはわからず、
「城内の模様を見てこい」
と命じた。

「うそだ」
藤吉朗はさすがに人肉を食うという話は信じたくなかったらしく、はげしく首をふった。
すぐに軍使を城内へやり、
「これ以上の籠守は、諸人の迷惑である。大いに慈悲心をおこされ、はやばやと開城されよ」

経家は腹を切った。
天下の堅城といわれた鳥取城は落ちた。




藤原事務所の「ロハスで愉快な仲間たち」
http://video.yahoo.com/watch/5395924/14213666

27:00~
まず基本的にですね、日本と言う国はここで大きく国の方針を変えないと生きていくことができません。
なにせこの30年間、日本はほとんど輸出産業で国を回していたんです。

どうです、いま景気のいい会社っていうのはだいたい輸出やってる会社でしょう?
でも輸出がですね、アメリカ向けの輸出が中心なんです。それが止まってしまったんです。
これ復活することはほとんど不可能です。アメリカ人もうこれ以上借金できませんので。

ということはどうなると思います?
アメリカ向けの輸出が止まっちゃったということは
今までの体制だったら価値ある商品を作ることも売ることも、所得を稼ぐこともこのままではできない。

すなわち金融と貿易輸出、
この二つが止まっちゃったんですから、全部作り直しです。
ということは黒字も貯まらなくなるということですね、輸出できないんだから。
ということは輸入も減らさなければいけません。

我々は食料でも木でも資源でもみんな輸入しています。
これもうこんな輸入できないです。
さあ、そうしたらみなさんどうしたらいいと思います?




(私のコメント)
イルミナティの連中が広めてきたグローバルスタンダードというのはインチキであり、仕組み自体が壊れようとしています。
しかし先進国では日本は実質アメリカの植民地状態であり、食料を大量に輸入させられることによって胃袋を握られている状態です。
これをなんとかしなければなりません。

鳥取城で秀吉をバカにした兵士達は現状が理解できていなかった
まさか味方を殺してでも生き延びようとするほど飢餓になるとは思いもよらなかったでしょう。
そして城が難攻不落であるから大丈夫だ、と勘違いしていた。

それに比べていまの我々はどうでしょうか?
完全に輸入が止まったら、日本の食料自給率は1%です。

アメリカのドルが崩壊したら?
イスラエル周辺で戦争が起こって、ホルムズ海峡が封鎖されたら?
石油が止まってしまったら?

石油があれば日本の食料自給率は40%です。これでも極端に少ない。
石油が止まれば1%です。

世界で真っ先に飢餓に陥るのがわが国です。


日本は自然の豊かな国であり、作物を作ろうと思えばあちこちで作ることができます。
田舎で畑でも借りて自分の食い扶持を自分で作ればいいのです。
石油に頼らないように、機械を使わないで食料を作ればいい。

グローバルスタンダードにたよった食料確保をしているとこれからは生きることが難しくなるでしょう。
コンビニが全部閉まったらどうしますか?
スーパーが全部閉まったらどうしますか?

いざというとき家の中に食料がどれ位ありますか?
吉川経家のように「3ヶ月ももたない」状態ではどうしようもありません。
3ヶ月ももたない。経家は驚き・・・
と、たった3ヶ月しか食料がないことに吉川経家は驚いています。

あなたの家中から食べ物をかき集めたら、3ヶ月分の食料がありますか?
それでも少ないのですよ?

備蓄をするとか、倉を建てるとか、自然農法を習いに行くとか、畑を借りるとか
みなさんが考えうる対策をたててください。


え?私はどうしてるかって?
畑を借りてとうもろこしを作ったり、サンリツのカンパン毎月1ケース購入するように心がけています。
缶に入ったカンパンなら10年くらい食べられるらしいしね。

とうもろこしはひとつだけ、どうも病気か虫に食われて色が変になったから心配なんだよなあ。


スポンサーサイト

コメント

No title

15 特攻隊について←NEW

>あのね~経済制裁を行なうのは国じゃないよ?アメリカの石油メジャーは民間でしょ?
ABCD包囲網を行なったのは銀行家だよ?欧米政府は傀儡だよ




経済制裁をしているのは国ではないのです、貴方が貿易の仕事をしているとして国がその対象の国に対して「貿易をしている企業は今直ぐ止めろ!」と言われて素直「了解^^」と言いますか?wその国と何の為に貿易をしていたのですか?
「儲ける為」ですね?国家間ので問題の為に貿易を止めたら飯が食えなくなってしまいますね?従業員の給与はどうするの?w貴方は素直に従いますか?w

日本政府が北朝鮮に対して経済制裁をした時に北海道の北と貿易している企業が怒り狂っていた、この反応は当たり前なのですねwしかし中小企業の経営者の断末魔は殆どシャットアウトされるのです。


「貿易をする=利があるから行なう」のです、貿易を止めて物資を止める事で得る「利」は何かな?「利を得る者」は誰かな?w

日本政府がアメリカ政府と揉めて、米政府が「もう日本車は買わん!」と言い
日本政府が「では日本の資産は全て米国から引き上げて米国債は破棄する!」
と言ったらトヨタ等の大企業は青ざめるでしょ?wアメリカは破綻するでしょ?結果日本も破綻するけど・・・。

経済制裁は銀行家が行っているのです、国家にも企業にも個人にもメリットはない。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。