スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんは切ったらダメ

アグネスは、2007年3月、日本クラウンからCDを発売している。作詞山本伸一、歌アグネスの『そこには幸せがもう生まれているから』だ。
そしてこのCD発売日に、女性週刊誌との対談で「歌を唄っているうちに『顔面マヒ』が治った」と発言している。

http://otona.yomiuri.co.jp/people/graffiti/090121.htm
日本デビュー35周年を翌年に控えた2006年。51歳になったアグネスを次に襲ったのは、病魔だった。
右あごの裏にある唾液(だえき)腺の腫瘍(しゅよう)。35周年記念シングルを録音した2日後、香港の病院で摘出手術を受けた。

 後遺症の顔面まひにも苦しんだ。一方で朗報もあった。日中国交回復35周年を記念した北京・人民大会堂での公演。
当初は2007年9月開催の予定だったが、中国側の事情で1か月延期に。これが逆に幸いした。延期で体が空いたある日、右胸に小さなしこりがあることに気づく。
「乳がん」だった。急ぎ10月1日に手術。早期発見のおかげで、月末には人民大会堂の舞台に立つことができた。

創価学会の池田大作名誉会長(80)が作詞した歌を唄っているうちに「顔面マヒ」が治ったというもの。
『そこには幸せがもう生まれているから』のCDが日本クラウンから発売された。作詞家は山本伸一氏。
一般には解りにくいが、山本氏は誰あろう、池田大作名誉会長ご本人でペンネームである。
 この詞はアグネス側が依頼したものだという。ナゼ?と首をかしげたくなる
「池田大作作詞のCD発売日に顔面マヒが治った」とは噴飯もの。


◇乳がんの発見
アグネス・チャンさんが右胸のしこりに”しこり”に気が付いたのが9月19日。
精密検査を受けて初期の乳がん(粘液がん)との診断が出たのが9月25日。そして30日に入院したとの事。

◇乳がん手術
9月25日に初期段階の乳がん(粘液がん)と分かり、1日に右乳房を温存し患部を切除する手術に成功。5日には退院し、9日から仕事復帰の予定だという。


■アグネス・チャンさんといえば
昨年12月に、唾液腺にできた腫瘍の摘出手術を受けており、術後の顔面麻痺との闘いを続けながら仕事復帰を果たしたばかりだった。
このあごの右裏に出来た腫瘍については良性だった為、今回の乳がんとの因果関係はないようだ。




(私のコメント)
アグネスが癌に苦しんでいるようなので、ついでにがん治療についてもコメントしておきます。
血液の汚れである「癌」は切っても治りません。
私の知り合いの親が胃癌にかかり、3分の1の胃を切除してしまいました。
ああ、ユダヤ戦略だったことを教えてあげられていれば切らずに済んだのに・・

「癌を切る」というのは=ユダヤによる「アジア人を殺す戦略」です。



宇野正美 「シオニズムの凋落~フォトンベルトと聖書終末予言~ライブドア」より
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=607608

4
7:50~
みなさんにお話したように私たちのお医者さん、医療制度ですが今のお医者さんの大病院の人はみんなユダヤの元で習ってる。
アメリカのシカゴ大学とかニューヨーク大学。

で、結局がんを切るわけです。どんどんどんどん。どうして?なんで切るんですか?
ユダヤ人がユダヤ人同士切ると思うの、あなた?
切りませんよそんなもの。
異邦人なんて獣だから、どんどん切るわけ。

抗がん剤で治りません。
あるお医者さんが書いた「抗がん剤拒否のすすめ」。この人は医者の内部から言っているんですよ。

『私は5年、生存率は0という数字を突きつけられました。』

つまりあなたは5年後には死にます、と言うことです癌で。

『今から15年前大腸がんをわずらい、肝臓への移転が見つかった時のことです。
 5年以内に私は死ぬ。これは用意に受け入れがたい現実でした。
 生き延びるために私がまずしたこと、それは抗がん剤を拒否することでした。』
 
だからこの本は「抗がん剤拒否のすすめ」。医者が言ってるんです。

『担当の外科医は当たり前のように抗がん剤治療を進めようとしました。
 しかし、抗がん剤が急性白内障や悪性リンパ腫や小児癌などの一部は効く場合があるかも知れません。
 しかし医者の世界ではむしろ「効かない」ということが常識です。』
 
 癌は治らない、そんなことでは。他に治し方があります。抗がん剤ではダメだ。

『抗がん剤は癌を治療させるものではなくて、強い副作用という犠牲を払って一時的に癌を小さくするものです。
 がん治療に抗がん剤がよく使われるのは、それ以外の有効な治療法が見つかっていないからです。』


がんとなると3つあるでしょ?
1・抗がん剤
2・手術で切る
3・コバルトで焼く

治りますか?治りません。医者はこんなこと知ってるんですよ。だから自分はこんなことしません。
だからこの人も拒否したんです。

抗がん剤を使わずに癌を治すにはどうしたらいいのか?
・・・癌が治ると医者は失業しますよ。
癌が治ると大きな病院は潰れるじゃない。

こんだけ医学が進歩して、どんどん大きな病院ができて、ものすごい近代的設備をして、ものすごい薬を作って・・・
癌は広がるばかりじゃない。
治せないんです。

どこだ、原因は?
源流はアメリカの医学部のアシュケナージのユダヤ先生よ。
そこへ日本の若いお医者さんが行って、そこから卒業証書と博士号もらって彼らの教えられた通りやってるわけよ日本で。

治し方がありますね。
何よりも暖めることですよ体を。



血液が汚れれば、体はその汚れを一ヶ所に集めようとします。
だから食べ物は「農薬のかかっていない安全なもの」を食べて、不自然なものを食べなければいいのです。
また「遺伝子組み換え食品」を避け、「添加物」の入っていないものを食べれば癌そのものにかからないはずです。

食の安全を破壊し、不自然な食べ物を強要するのがユダヤの連中です。
モンサントの世界戦略を知っていますか?
http://video.google.com/videoplay?docid=2219229390528597169&ei=b19tSsCrIoeUwgPYmYn3Ag&q=%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%88

除草剤で雑草がまったく生えない。
そんな土地で作った食品が世界中に出回っています。

遺伝子組み換えの種を世界各国に強要することで、その国の食を破壊する。
イルミナティの戦略です。

そして、自然界というのは農薬や除草剤に対して耐性をつけてきます
だからだんだん強い農薬を使わなければならなくなる

そんな食品を「グローバルスタンダード」というインチキで広めてきたのです。

アグネスが癌にかかって、切除手術をしてもすぐ再発するのは
血液がそういう「ユダヤ食品」で汚れてしまっているからです。

右あごが癌になった。
乳がんになった。

なぜ?
原因が理解できてもいないのに、がんを切り取って根本的に治ると思いますか?
「癌が転移した」というのはがんが「移動した」のではなくて
「血液の汚れが別の部分にたまった」ということなのです。

だからアグネスはソンテジャクの手先として歌を歌っているより
安全な食べ物を食べるのが真っ先にしなければならないことなのです。

できれば自分で作物を作って見ることです。
そうすれば自分が普段食べている食品がものすごい農薬をかけられている、除草剤をかけられている
といったことに気がつくはずです。

こういった農薬を散布する際に、農家の方が被害にもあっています。
皮膚がかぶれたりします。


「血液の汚れを取るとなぜ、病気が治るのか」(石原 結實)より

私は、ガンは血液の汚れのはきだめという立場をとります。
肉、たまご、バターなどの動物性食品や穀類などは酸性食品なので、酸性食品を食べれば血液が酸性に傾く

肉食は、肝臓に負担をかけることがわかりますが、腸内細菌のバランスも乱してビフィズス菌や乳酸菌などの有用菌を減らし
発癌物質などを生成する有害菌を増殖させます。

肉類は中和されるためにカルシウム、マグネシウムなどのアルカリ性物質を消費します。
種種の病気の下地を作ることになるわけです。

食べた肉がそのまま我々の血や肉になることはありえません。
牛や豚の肉など、人間に近い肉ほど分解に力を要するわけです。
逆に魚や魚介類、大豆などわりと簡単な組成のたんぱく質の分解は容易です。

肉食を主食にしているエスキモー人、ラップランド人、旧ソ連のクルギ族などの平均寿命がわずか30歳であることが
肉の有害性を物語っています。



作者はこの本の中で同時に「体を温める食べ物を食べると良い」と述べています。
塩、梅干、みそ、しょうゆ、ねぎ、たまねぎ、にんじん、にんにく、しょうが、ごぼう、れんこんなど
つまり昔ながらの日本人の食生活が一番安心安全だということです。

イスラエルを支援しているマクドナルドの肉は食うな!ってことですね、わかります。
http://palestine-heiwa.org/choice/list.html


なぜユダヤ国家であるイスラエルを支援するのでしょうか。
それは株主がユダヤ金融資本だからです。
それぞれの国の食文化を破壊する。そして乗っ取る。

こういう連中は許せませんね。
我々は自分の国の食を守っていかなければなりません。


宇野正美 「シオニズムの凋落~フォトンベルトと聖書終末予言~ライブドア」より
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=607608

23:00~
私たちは「ユダヤなんて遠い」「ユダヤの戦略なんてそんなもん・・」

いやあ、もう一杯です。
よくハンバーガーの食べ物屋さんとかいろんなことお話しておりますが
そういうことからみなさん、みなさんそこへ行ったらスタんバッ?
スターバ?スターバック?コーヒー?
みんなユダヤの人よ。

だから安いやつをドン!ほんで一等地へドン!
日本のちょっとした喫茶店は潰れるじゃない?
みなユダヤの人ですよ。

「ユダヤの人」って言うたら差別になる。だから黙るわけ。
わかる人はわかりますよ。

私たちは戦争負けて愛国心とか、日本を思うなんて心がだんだん無くなっちゃったから、
だから乗っ取れるんです。なんぼでもいきますこれから。


ちなみにスターバ?のロゴを逆さまにすると・・・ぎゃあああ


スポンサーサイト

コメント

いやああああwwwww

千葉県章と愛知県豊田市章もなかなかのモノですw

No title

現在の医療は「対処治療」で無意味な物だ、「腰痛の患者にシップを渡す又は痛み止めを渡す」←これは治療ではないw痛みが有ると言う事は「原因」があるのです、「原因を直して痛みが消える」←これが本当に治療です(根本治療と言う)、
ぎっくり腰になると激痛で動けなくなる、激痛の原因は2つある、「1、筋の断裂(背筋)「2、腰椎に過度の付加が掛かり腰椎ずれて神経に触れる」
1であれば安静にしていれば筋が再結合(超回復=自然治癒能力))して勝手に直る(シップの効果ははっきり言って無い、貼らなくても良いwヒヤッとして気持良いだけw)、2の場合はずれて神経を圧迫している腰椎を正常な位置と可動に直さないと根本治療にはならない「が」人間の体と言うのは面白い構造になっているw「原因の神経圧迫で出る痛み」と言うものは時間と共に「麻痺して行く」ように出来ています、そして残るのは「痺れ」「痛覚又は感覚異常」だけとなる、現在の医者はのの構造を理解して悪用しているwぎっくり腰で医者に行くと「痛み止め注射(単なる誤魔化し)」を撃つ又は「シップと痛み止めを1週間分渡して」こう言う「痛みが引かないようでしたら又いらして下さい^^」一週間程立てば痛みは多少和らぐ(麻痺)のですw2週間立てば痺れに変わって患者は「治った!」と思うのですwだけど腰椎は歪んだままで神経圧迫はされたままですw

「痛みが無くなった=治った」×←なのですw奴等は知ってて対処治療を行なっているw

腰痛持ちに「指先に痺れがありませんか?」聞くと良いw「痺れがある=治っていない」のです、爆弾を抱えているから当然また再発するw「再発したらどうするって?ままたシップと痛み止め渡して一週間後にまた来てちょw」と言うのですw死なない程度の再発者の再来院が一番儲かるのですw所謂「リピーター」ですねw死んでもらっても元気になってもらっても困るから根本治療をせずに対処治療で誤魔化してお薬で少しづつ弱らして「寝たきり」にするのですw

実家に帰った時に婆ちゃんの「お薬弁当」を見たらゾッとした、「血圧を下げる薬を飲むと胃が荒れる→だから胃薬も付けちゃうw→胃薬の飲むと膀胱が云々→それを防ぐ薬」←とループして何を治す為に薬を飲んでいるのか解らなくなるw俺が「これ何を直す為に飲んでるんだよw」と聞いたら「解らない」と返答をするww

ま~医者が自分の家族に薬を進めない時点で終わってるわなwトヨタのディーラが日産の車に乗って登場しトヨタの車を進めているようなものだwどれだけ説得し売り込んでも「何故貴方はトヨタの車に乗らないの?」と言われたら終わりですw

No title

上記では医者の「ペテン対処治療でリピーター獲得ウハウハ大作戦」を語ったが「癌が治って困る」のは医者ではない「保険業界と製薬メーカーと癌治療機器メーカー」←この業界は完全な銀行家の支配下ですw「保険業は不安を煽って金を巻き上げる素晴らしいお仕事ですw」「製薬メーカーは薄めた毒を売るスバラシ~お仕事をしていますw」「癌治療機器メーカは治りもしないポンコツを信じられない値段で売ってウハウハですw」、医者と言うのはこの3代ペテン業界を支える為の客寄せパンダなのですw小中高と洗脳教育を優秀な成績を修め、親の財力が有って初めて入学出来る(金が無ければ入れない><;)医学部と言う名の最終洗脳教育(総仕上げ)を教育終了された馬鹿共が必至に癌の画期的治療法を模索する姿は涙ぐましく映るでしょ?w「教育制度とは何か?」「教育=洗脳」←これ等を知れば「何遊んでんのこいつ等?」と思うのだけど、大半の無知な大衆は「彼等医学部卒業者を賢者と認識して頼りにして自分達の受ける医療を馬鹿に任せてしまっている」

癌が治る特効薬または治療法が発明されて一番困るのは保険業です、薬を開発した製薬会社も医者も大忙しでウハウハになる「が」保険業はどうなると思いますか?w「銀行家は不安を食い物にする」「大衆が望む者は安心と安全」なのです、銀行家は大衆が安定した暮らしをしてもらっては困るのです、だから不安定にして不安にするのです、そして大衆の金を巻き上げるのです、「老後が不安だから貯金をす=銀行依存」「経済不安定だから貯金をする=銀行依存」「癌になったら莫大な医療費が掛かる=保険依存」とこの様に依存させて発行しすぎた帳簿の数字を実体経済から金融市場に流れるようにしているのです、彼等の飯の種は「安定と安全を壊す事」です、「大衆の望みは安定と安全であり他国から奪ってそれを獲得しようとは思っていない」その証拠にあの最強最大の軍隊を持つアメリカ国民はWW1以降宣戦布告をしていない、大衆は誰も戦争を望んでいない、だから「不安定」にするそして両国の国民の安全を脅かし脅すのです


国民健康保険と言うもの自体が彼等の罠と言う事を知ってます?少し前に語ったが「表面上はこの保険制度がある事により大衆が医療を安く受けれます」となっている「が」実際は「我々の医療の選択権を奪う為又は医療の独占の為」なのです、少し考えれば良い「保険制度が無い状態で有れば他にも東洋医学等々色々な医療がある、我々はそれを受ける治療方法を選択出来る権利があったのです」、しかし現在「保険適応された医療は西洋医学のみとなっている」←これは単なる罠ですよ?wこの医療独占の為に日本古来から有った医療は廃れた・・・何故誰もこんな陳腐なペテンに気が付かないんだ?

No title

杖を付いた者が病院に行き車椅子で出てくる・・・・・・

車椅子の者が入ったきり出てこなくなり病院のベットで寝たきりになる・・・

普通に歩いて病院に行ったものも飛び級で寝たきりになる・・・・


これが医療なのか?治療とは何?

最近は政府の財政難(嘘w)と少子高齢化による医療費切り詰めで良くテレビで特集をしているが出鱈目ばかりw医者が「これ以上医療費を削られると患者に出て行ってもらわなければなりません;;」と被害者の様に言うw

しかし良く考えてみようw病院のベット埋め尽くした寝たきり患者(リビングデット=生ける屍w)を作り出したのは医者なのですw自分達の利の為に薄い毒を飲ませて医療費を吸い上げてこの惨状を作ったのです・・・そして被害者を演じる・・・
「馬鹿は騙されて介護保険を上乗せされてまた奪われている事を気づかない・・・」

保険制度自体が「医療支配の道具」で「我々の受ける医療の選択を制限」し「本当の治療を受ける機会を奪った」のです、独占禁止法と言うのがある、この方は一個人又は企業独占してしまうと価格を好き勝手にコントロールしたり競争相手がいないので技術革新をしなくて良くなるからなのです、医療は独占禁止法に違反している、だから技術革新が起きないのです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。