スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の畑

自宅近くでも畑を借りています。
奈良県の自然農園では猿とイノシシにジャガイモをほとんど食われてしまいましたが、こちらの畑はどうだろう?

正直、あまりにも仕事が忙しすぎてほったらかしだった。
こちらは5月18日に雑草刈りに行った時のジャガイモ。
こんなにキレイな花を咲かせるなんて、なかなかやるじゃないかジャガイモ君。


6261.jpg

そして6月26日に行ってみるとこの通り↓。
花は当然なく、だいぶ葉っぱも枯れてしまっている。
この6月がジャガイモの収穫時期なのだ。


6262.jpg


地面の中にはおいしい「きたあかり」がたくさんできているはず。
どれどれ・・・



6263.jpg

おお!

6264.jpg

で、出たー!
でかい!これはでかい!
この前の白玉団子サイズのジャガイモとは違う。


6265.jpg

しかも量もすごい。
たねいもが6個くらいに増えているようだ。


6266.jpg


豊作、豊作。
チョー幸せ。

6267.jpg

蒸して、ジャガバターでいただきます。
うまい、チョーうまい。
無肥料、無農薬なんだから当然です。
ちょっと日本の食料自給率あがったんじゃないの?


6268.jpg

こちらはとうもろこし。
こんなにでかくなるんですか!
すげ~。
80センチくらいある。

6269.jpg

まさにわが子のようにかわいい。
元気に育ってね、もろこしちゃん。

62610.jpg

種を食われた落花生がいくつか残っていたようで、小さいながらも成長している。
いやあ、農業ってすごいもんだなあ。

62611.jpg
スポンサーサイト

コメント

No title

おはよう御座います百式さん。
おーーっ 立派なじゃがいも出来てますねー花も美しいです。
じゃがバターも凄くおいしそうです 採りたてのってホントに美味しいですよね。
自分で育てたら尚更においしいし掘るのも宝探しのようで楽しいものです。
とうもろこしもずいぶんと立派になってますねぇ。
>まさにわが子のようにかわいい。
きっと元気に育ちますよ  がんばれー百式さんv-496
私も収穫したじゃがいもを茹でて丸かじりしてしまいました。
また色々収穫したら見せてください楽しみにしています。

No title

ピーターさん、こんばんわ。
仕事が忙しくてパソコンを開く間もないので最近は書き込みができません。
申し訳ないです。

>自分で育てたら尚更においしいし掘るのも宝探しのようで楽しいものです
収穫がこんなに楽しいとは思いませんでしたね。
というか農業そのものが昔は「とても時間のかかる無駄なことをやってるようなもの」
ととらえていましたから実際やってみてすごい違いがあるものです。


とうもろこし、苗でやったのは少し小さくてちょっと実がならないかも。
写真に写っているビックサイズのやつは種をじか蒔きしたものです。
こちらも楽しみです。





No title

[初めての方→ユダヤの陰謀テンプレ]の
>サギシステムについて18 銀行家の手口
>1・他人のお金(預金)を
>準備率というサギ制度を使って水増しする(信用創造)


この部分は間違ってますね、準備率と言うのは数字水増し(詐欺)を制限する為に作られたものです、昔、準備率がない時代は無制限に数字を膨らましていました、その為に取り付け騒ぎが起きて大混乱が起きて(起こして?)制限の為に準備率を設けたのです、「人の金を預かり貸す事で詐欺は可能なのです」「数字ではなく現物を動かしても可能です」理由は「貸し出されたお金は必ず回り回って銀行に預けられ大衆(借り手)には借用書しか残らないからです」

少し考えたら良い準備率0%は無限でしょ?制限の為に設けられたのが準備率です

要するにお金の流れが問題なのです
「民間銀行→国⇔企業⇔大衆→民間銀行」←必ずこうなります
この状態だから民間銀行が膨らませることが可能なのです

国営化したら
「国→企業⇔大衆→国」←この様になる、これで問題解決します

詐欺には詐欺で対処する
「国が国債発行→国営銀行購入→国営銀行が得る国債や貸し出し業務で得た利益は国庫に入る」←表面上は民間銀行時代と同じだがお金の流れは大きく変わるw
ロシアが借金を返済したのは簡単な事なのです、アンドリュー・ジャクソンが完済したのは簡単な事なのです、銀行に対する負債の返済は「民間銀行が発行する銀行券」で無ければならないと言う洗脳を解けば良いw洗脳が解ければコイン一枚有れば事足りるのですw

伝えていくしかない。

No title

上記の事を考えて「工作員が何故銀行国営化を嫌がるのか?」が解ったでしょう?準備率云々ではないのです「人の金を預かり利子付きで貸す事」さえ出来れば支配は可能なのです、だからサバタイとなり必至に「中銀廃止→政府紙幣」や「地域通貨」を煽るのです、民間銀行の存在さえ守れば通貨支配は続くのです。

準備率100%で預金者の金は貸す事は出来ない「が」これは銀行業ではないw工作員は何が何でも「民間銀行が人の金を利し付きで貸し通貨支配をする詐欺行為」を維持しようと必至になっています
「個人・民間企業が人の金を集めて利し付きで貸す行為は禁止」
「個人又は民間企業の資産を利し付きで貸し付ける行為は禁止」

「貸した額<返済額」←この行為は民間が行なってはならない
「貸した額=返済額」←これしか認めない


民間中銀や民間市銀が存在するから国や地方や企業や個人に借用書(数字)が詰みあがるのです、銀行券=借用書(利し付きで返済する約束をした返済不可能な)

銀行が発行した数字=市中に有る数字←となる、ここに利子分は存在しない、最初から足らないから返済は不可能
100-110=??←小学生でも答えは解る、しかし経済学や金融学と言うカルトに洗脳されると何故か「成立つ!」「何も問題ない!」と豪語するようになるw

No title

ソーゾーさん、わざわざテンプレを見てくれたのですか。
ありがとうございます。
心配していましたよ、突然いなくなったから。

私がいなくなったのは仕事量が増大してしまい、毎日パソコンを開く暇もないほど忙しいからです。体力の限界まで逝ってます。
書き込みが減って申し訳ないです。


>準備率というサギ制度を使って水増しする(信用創造)
>この部分は間違ってますね、準備率と言うのは数字水増し(詐欺)を制限する為に作られたものです

なるほど、ではさっそく修正します。
また書き込みに来てくださいよ、あんまり来ないと消されたのかと思ってしまいます。
元気そうで何よりです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。