スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融資産が1200兆円?目の前に積み上げて見せてくれ!

ボロ儲け経済学 (青木雄二)より


P100~

日本人の持っている金融資産は総額1200兆円にのぼるといわれております。
金融資産といいますと、銀行預金とか、株式、生命保険の積立金といった類の
すぐ現金として通用する資産で、土地は含まれておりません。

財務省、日銀は「日本はこんだけ不景気になっても、国民が1200兆円の銭を持っているから、大丈夫なんや」
と喧伝しております。

しかし、であります。
ぼくは日本に1200兆円ものゼニが唸っていると聞くと「ホンマかいな」と首をひねらざるをえません。
実際にはそんなゼニはどこにもありはしないのであります。

ホントに銀行の金庫にそれだけのゼニがしまってあるのかといえば、それはまったくの錯覚であります。
ぼくは一度、日銀の広報部へ電話をかけて聞いたことがあるのですが、実際に、日銀が発行して、
日本の中で流通している紙幣と硬貨の合計金額は56兆円分しかないということでした。

つまり、1200兆だといわれているゼニはすべて、経済行為での約束事、すなわち手形であったり小切手であったり銀行口座の数字にすぎないのです。


ぼくは以前、大手都銀で3000万円を現金で引き出したいと頼んだことがありました。
するとあわてて支店長が出てきて、そんなに現金がないと言います。

「申し訳ありません。いま現金が足りませんので」
「なに言いさらすんじゃ、ワシが預けたゼニ返すのは当たり前やろが。ここの支店は金庫にゼニがないんか」
「いや、ないというわけじゃないんです。あるんです」
「そんなら、どうして払えんのや」
「一度に3000万円も払えないんです。そんなに支払ったら、預金機や少額の支払いに差し支えますので」
「ほうか、じゃ、お宅のどこの支店へ行ったら、払ってもらえるんや」
「どこの支店も、当日、いきなりそれだけの現金用意してくれと言われても無理ですよ。
 前日に前もって言っておいていただければ、当日、現金は用意しますので」

とうことで結局、その日は現金を出してもらうことはできず、翌日改めて受け取りに行った次第です。
「いまはありまへん」と断らざるをえないのは、銀行は人から預かったゼニをほかに貸し出して金利を稼ぐ商売だからであります。
もちろん銀行の各支店には預金者の引き出しに備えて一定額の現金は用意されています。
今回わかったのはその金額は3000万円を少し上回る程度ということであります。
もし銀行強盗がこの支店を襲ったとしてもそのあまりの現金の少なさに愕然とするでありましょう。


P184~
最近僕はメインバンクをアメリカのシティバンクに替えました。
日本の大手都市銀行とシティバンクに共通点があります。
それは両方とも現金を持っていないという点であります。

以前、シティバンクの支店に1500万円を下ろしに行ったら、
「急に1500万円用意しろと言われても、現金の用意がありません」
と日本の銀行と同じことを言われてしまいました。







(私のコメント)
故青木雄二氏の「ナニワ金融道」からは多くの学ぶべきことがあります。
読んだことのない方は一度見ていただきたいのですが、マンガなのでさらりと読め、展開の面白さゆえ固定ファンも多いようです。

マンガの内容は職探しをしていた主人公がたまたま帝国金融という金融業に入り、金融という「なにも生み出さない寄生虫」のような職種ゆえの悲劇、喜劇が展開されていくものです。

「自分が」儲かるためなら他人を罠にはめて地獄に突き落とす、という金融ならではの話なのですがまさにその考え方はイルミナティの「無能な金貸し人間がどうやって金を吸い取るか」というものです。



著書では銀行にお金をおろしにいったら拒否された、と書かれていますがこの本を昔大学時代に私が見ていたときにはなぜなのか理由がわかりませんでした。

私のブログのタイトルにもなっているように、銀行とは通貨を水増ししているサギ師の集まりです。
それは日銀の準備率といものを見てもらえばわかります

リーマンショックの時にはリーマンブラザーズが30倍もの通貨水増しをしていたそうですが
これは個人でFXや信用取引をされている方ならよくおわかりだと思います。
うまくいっているうちはいいのですが、自分の思惑と違う方向に少しズレるだけで大きな損失をこうむります。

つまり、持ってもいない資金を使って取引をしていた。
そしてその失敗はリーマンの場合であれば30倍のマイナスとなってしまうわけです。
手持ち資金の30倍のマイナス、そんなもの払えるはずありません。


失敗しないように銀行家連中は何をするかというと、マスコミを使っての洗脳です。
たとえば
①銀行が水増ししたお金で株を買う
②マスコミを使って「株は儲かる!」と宣伝する
③一般の国民が株式投資をし始める
④銀行が株を売って利益を確定

結果として個人投資家は必ず損をする、ということになります

そして銀行の経営が傾いた時には「国民の税金で助けてくれ!」と公的資金を注入し銀行を助けます。

汚い連中です。
こいつら全員の全財産を没収して、銀行はすべて国営化するべきです



青木雄二氏が3000万円を引き出した場合、銀行側としては単純にリーマン並の信用創造(通貨水増し)していた場合、30倍で3000万×30=9億円

9億円分のお金を引き上げなければなりません。
貸し出ししていた場合は、「お宅に融資した9億円を返してくれ!」とお金を集めなければならなくなります。つまり準備率を維持しなければなりません。

無理な話です。
それもこれも通貨水増しという「銀行のサギシステム」が悪いんです。


連絡をもらえれば翌日に現金を用意する、とのことですがどうやって用意するのか?
汚い方法で用意するのですが、それは
こちらの動画「お金の仕組み」でも説明されています。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm960824


ただ、ごくたまに
困ったことが起きました。

何らかの理由で顧客が
多額の預り証を持ち込んできて、
預けていた大量の金貨(お金)の返却を
求める時です。

実際ある金貨(お金)以上の紙幣を
発行しているわけですから、
顧客の求めに応じられません。
( ̄ □ ̄;)!!



そういう時には
同業者が秘密の連携プレーで協力し、
金貨(お金)を融通し合いました。

銀行家たちの手から
一時的に離れた金貨(お金)も、

結局は廻り回って
銀行家たちに帰ってくるのですから
心配ありませんww


(残念ですが動画は著作権者の申し立てにより削除されてしまいました)
って、消されたのかよ!

もし青木雄二氏が3000万円を当日に引き出していたら、その都市銀行は倒産していたかも知れませんね。









スポンサーサイト

コメント

No title

金庫に紙が有るとか無いとかはどうでも良いw問題の本質はその青木とか言う人の預金も誰かが銀行に借金して作った帳簿上の負債と言う事が問題なのです
そして利子分が足らないと言う事。

紙が無いのは仕方が無い事なのですw民間銀行か準備率のマジックで数字を負債として膨らませる事は出切るけど、紙は刷れないからねw紙を刷るのも費用は掛かりますw寄生虫共は紙すら刷りませんw国に刷らせますw

No title

紙の量も膨大なものになるでしょうね。
考えてみたら金庫に入るかどうかw

水増しした紙切れで銀行の建物そのものが埋まってしまうのでは?



以前発行させた10万円金貨はどうなんでしょうか?
元は何㌘かですから、結構なレバレッジですよねw


ところで前の記事なんですが、スーパーマンが飛んでるシーンで画面の下に見える太陽みたいのは何か関係あるのでしょうか?
まっこうブログでちょうど太陽と宗教について書かれてたんで一応。。。
まだ全部読んでませんがwww

No title

>以前発行させた10万円金貨はどうなんでしょうか?

金に実際どれくらいの価値があるかでしょうね。
一般の人には持っていてもほとんど役に立たないものですから。

>ところで前の記事なんですが、スーパーマンが飛んでるシーンで画面の下に見える太陽みたいのは何か関係あるのでしょうか?

え?プリウスのスーパーマンですか。
太陽は気づきませんでしたね。こんどよく見てみます。


はじめまして

色付きの文字911テロはヤラセというのを知ってから、ユダヤ陰謀論に最近興味がありまして、ググッていてたまたまここをみつけました。
以前から、合点がいかないことがありまして、それはバブルの崩壊の件なのですが、あの頃上げに上げた平均株価が1990年の年明けと共に大暴落します。
それが、

「昭和63年5月の証券取引法の改正により、わが国にも株価指数先物取引を導入する道が開かれました。これを受けて、大阪証券取引所では、9月3日から日経平均株価先物取引を開始しました。」

そうなんです、1988年5月に日本にも株価指数先物取引が導入されてたのです。同年9月3日から大証で取引開始されています。で、約1年4ヵ月後の年明けから大暴落。
先物といえば外資など朝飯前です。なので、あのバブル崩壊はどう考えても、先物を使って恣意的に引き起こされたとしか思えないのです。で、これもユダ金の仕業ということですよね?

株取引などは損している人間がいる一方で儲けている人間がいるので、一体あの膨大な日本の財産どこへ行ったのか?なぜこんなことになってしまったのか?と、当時はそう思って調べてみたらこの先物導入のことを知って、これって絶対おかしいじゃないかとずっと思ってきました。
もちろん当時はユダ金陰謀など興味がなかったのですが....
もう、本当に世の中陰謀ばかりだなと思う今日この頃です。

No title

>>これもユダ金の仕業ということですよね

ユダヤ人は存在しない、現在いるのは自称ユダヤのハザール人と混血しまくったスファルディです、単なる宗教集団で大半は利益で繋がり利用されるアホばっかw日本のカルトと構造は同じwその大ボスがサンヘドリン(エジプトの金貸しカルト集団)と欧州貴族(ローマ貴族)の混血家族、その手先が13人血流とか言われる連中、その13家族の番頭がロス茶、その代理人がマラノのロック等の銀行家連中、末端が自称ユダヤ人のハザール人と混血のスファルディと在日と華僑達

誰一人ユダヤ人など居ないのです、血の正当性の有る者は居ないのです、大ボスはエジプトのカルト集団と欧州貴族の混血、その手先の13血流は血筋も糞もないw代理人ロックは話しにならないw末端は血も人種も肌の色も糞もないw
この血筋も糞もない連中が「ユダヤの陰謀」と煽っているのです、時期が来たら仮面を剥ぎ取れば良いw

バブル当時の日銀総裁はフランスの民間銀行に御栄転されましたw何故でしょうね?w
バブル崩壊後小渕政権が発足し海外メディアから「冷めたピザ」と就任早々叩かれましたw要するに小渕は日本の利益の為に働く総理だったと言う事です、人工的に起こされたバブル崩壊の被害を最小限に止めるべく尽力し被害を最小限とは言えないが抑えた、だから消された、その後森→小泉と売国政党が誕生し計画通り日本を滅茶苦茶にした、痛みを伴う改革で小渕政権と逆の緊縮財源をしいて日本をどん底に落として、国民リストラに合い全てを失ってが必死に働いての少し回復した時に「改革の効果が有った」と白々しく言う「が」実際は小渕政権が取った行動を緊縮財源を強いて滅茶苦茶にした後に採用したからなのですw
現在の金融システムは資金の供給を止める訳には行かないのです、景気が悪くなればなるほど民間企業の設備投資は少なくなる為に政府が財源を出すしかないのです、小渕は即それを行なった、小泉はそれを打ち切った、今の状況を作ったのは誰?w

今はマスコミは必至に大衆を騙している「借金を返済せよ」と言うwしかし資産=借金である事を言わないw借金を返済したら資産も0になる事を言わないw誰に借りたのか?誰に返すのか?を言わないw

No title

えにさん、こんにちわ。
どうぞ、ゆっくりしていってください。


>あのバブル崩壊はどう考えても、先物を使って恣意的に引き起こされたとしか思えないのです。で、これもユダ金の仕業ということですよね?

宇野正美氏によるとバブルを作って潰したのも彼ら、だそうです。
まあ、それ以外に考えられませんからあいつらなのでしょう。


>株取引などは損している人間がいる一方で儲けている人間がいるので、一体あの膨大な日本の財産どこへ行ったのか?

日本の資産は主にアメリカの軍事費に消えています。
毎年毎年、特別会計として盗まれているんです。

あとはイスラエルへの支援ですね。
アメリカが日本から盗んだお金をイスラエルに提供しています。
なにも作り出すことのできないイスラエルが存在していること自体が不自然と思いませんか?
こちらの情報も具体的な金額は宇野正美氏の動画で見ました。


なんとかこの情報を一般の人々に伝えていきたいと考えています。
とりあえずテンプレをよく見てもらえれば、ユダ金の力の源泉がわかると思います。


No title

ソーゾーさん、お久しぶりです。
消されたのかと心配しましたよ。お元気そうで何よりです。


>バブル崩壊後小渕政権が発足し海外メディアから「冷めたピザ」と就任早々叩かれましたw要するに小渕は日本の利益の為に働く総理だったと言う事です。

小渕首相は殺されたんでしょうね。
マスコミは嘘ばかりつくから困りものです。
新聞・テレビこそ日本の売国奴であり、洗脳機関であると一般の人に伝えていかなくては。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。