スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良県の自然農塾ってどんなとこ?

5月9日10日と奈良県の自然農園に行ってきた。
nouen1.jpg


知らない人のために紹介しよう。
ここでは川口さんが自然農法をただで教えてくれる。
http://iwazumi2000.cool.ne.jp/

小さいけれども畑を借りて自分の好きな種を植えて育てることができるし
田んぼを借りて米や麦を作ることができる。

「赤目自然農塾」と塾と名前がついているが
教えてもらうのもタダ
畑を借りるのもタダ
田んぼを借りるのもタダ


ここでは農薬を使わない、肥料を使わない、石油を使わない(トラクターなしで米を作る)
ユダヤが嫌う農法で農業がなされている

多い日では300人近い人が集まって川口先生から農業を教わる。
nouen2.jpg

ちなみに塾に入らなくても見学だけの人もいつでも見に来てほしい、見学もタダだ。
nouen3.jpg


毎月一回、土日に塾がある。
遠いところでは東京、九州、北海道などからも毎月来ている方もおられる。
既存の農業をしている方でもふとしたことでここを知り来ている人もいる。
今回は「農薬なしでみかんを作るために来たみかん農家」の人が来られていた。


nouen4.jpg

川口先生
成長過程には雑草は不要です。
ただしある程度作物が大きくなってきたら根元に雑草があった方がいい。
保湿の役割も果たし、昆虫から葉っぱを食べられたりすることを防ぐ(昆虫は作物しかないと作物の葉を集中して食べてしまうから)

だから芽が出てある程度大きくなるまでは雑草に負けないように雑草を刈る。
刈った雑草はそのまま土の上にかぶせてやります。

草を敵にしてはいけない


4月、5月はお米作りですが
穀類は食べるものが種です。お米にしろ、麦にしろタネを我々は食べている。
5月にお米を植える場合は時期的に遅いので、赤米になります。



さて少し案内すると
こちらが自然農園
イノシシとサルとトトロがたまに出現するらしい。
nouen5.jpg



こちらが小屋
川口さんの著書が売っていたり、怪我をした時の薬が置いてあったり
スコップ、クワ、カマなどを借りることができる。
nouen6.jpg


農園は広い
山の3分の1くらいある?迷うかも。
nouen7.jpg


春になって花がたくさん咲いている。
nouen9.jpg
nouen10.jpg
nouen11.jpg

ハチも見かけた。
ハチは今ネオニコチラーゼで死ぬことが多いらしいから、あんまり他のとこに行くなよハチ君。
http://video.google.com/videoplay?docid=5404507942330950722

田んぼ
nouen12.jpg

水がキレイなのかタイコウチという昆虫がいた。
日本全国で希少になっているらしく、塾に来ていた年配の方が
「いままで色んな田んぼを見てきて、タイコウチなんて60年間見たことが無かった。」とおっしゃっていた。
nouen13.jpg



こちらが山荘
山荘に宿泊する場合はお金がかかる
食事のみは(夜・朝・お昼の弁当3食で自分の車で車中泊)900円
泊まる場合は(夜・朝・お昼の弁当3食で山荘でふとんを借りて泊まる)1300円

山荘ではありがたい?お話が聞ける。

sanso1.jpg
スポンサーサイト

コメント

No title

奈良県でやっているのですね。
私は関西地方に住んでいないので、興味があっても行くだけで旅費がとてもかかってしまいます。。。
関東でこのようなことはやっていないのですか?
関東なら何とか行けそうな幹事なのですが。。。。
是非、情報をご教授頂ければと思います。
『石油を使わない』の一言に痺れました。

No title

>ASさんへ


農業はいがいと楽しいですよ。

九州で別の方が自然農塾をされてるという話は聞きましたが
関東ではないかも・・・東京から毎月来られている方もおられますからね。

いくつか情報を探してみます。


画像で腰あたりまで成長しているのは麦です。
肥料なしでちゃんと育っています。
私の親なんかに言わせると「肥料なしで育つわけがない」と一蹴されてしまいます。

既存の農業とのへだたりは大きいなあ、と思う今日このごろですw

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。