スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王とイルミナティ

遊戯王とイルミナティ


(遊戯王17巻P71~31巻より)

イシズ「これからあなたにお見せするのは古代エジプト第18王朝のファラオの葬祭殿に残されていた壁画の一部です。こちらの壁画にはその時の争いの様子が描かれています。
海馬「ここに描かれた人物は・・・・・遊戯!!」
イシズ「エジプトは3千年の永きにわたり連綿と続く王朝を栄えさせてきました。ここに描かれているのは第18王朝のファラオの姿です。このカルトゥーシュ(王名を囲む長楕円形)の浮き彫りが彼がファラオであることを記しています・・・。しかしカルトゥーシュのファラオの名は何者かによって削り取られている・・・つまり古代エジプトの歴史上完全に抹消されているのです。」

3千年前の名も亡きファラオ・・・・


イシズ「セト・・あなたはペガサスが残した幻のレアカードの存在をご存知ですか?石版に千年パズルを取り囲む構図で3体の幻神獣の姿が描かれています。それぞれ・・・

オベリスクの巨神兵!!
オシリスの天空竜!!
ラーの翼神竜!!

イシズ「これら3枚のレアカードをすべて手に入れたものは、デュエル王の称号を得ると言われています。」





3枚のカードを所有したら王の称号が手に入る?なんともエジプトちっくなマンガだなあ・・
目玉マークが出てくるからあやしいと思っていたのです。
この人気漫画「遊戯王」はカードゲームがメインでひたらく言えばカードの奪い合いです。あらゆる場面で目玉が出てきます。そして、何故かエジプトのファラオの生まれ変わり?とされる主人公の遊戯が記憶喪失になっており、そのエジプトのファラオだった時の記憶を取り戻すというのが目的です。
今回の記事は遊戯王をよく知っている小学生や中学生の方々がなにかのきっかけでイルミナティの目玉マークを知って、
「遊戯王とイルミナティはなにか関係があるのかな?」と思った時に見てもらおうと思って書きます。よって少し専門的になってしまいますが、とりあえず最低限のルールを載せます。




プレイヤーはライフポイント4000
カードは40枚以上のデッキ(それ以下の枚数は失格)
山札からカードを5枚のカードを引き、ゲームスタート
手札は7枚までしか持てない
プレイヤーは自分のターンにモンスターカード・魔法カード・トラップカードをそれぞれ1枚ずつ出すことができる。

ライフポイントが0になったら負け
山札からカードが引けなくなったら負け

星5つ以上のモンスターは星4以下のモンスター1体をいけにえに捧げ召還
星7つ以上のモンスターは星6以下のモンスター2体をいけにえに捧げ召還


海馬「デュエルの大会を開催する。参加条件はレアカードを含めた40枚デッキを用意すること。敗者は自分のデッキの中から最もレア度の高いカードを勝者に渡すものとする。」





遊戯王=モーゼ王?

遊戯「ここに描かれたはるか3千年前の王の姿・・・これはまぎれもなくオレ自身の姿!!」
あんず「なぜ・・なぜなの?この石版になぜ遊戯の姿が?」
遊戯「古代エジプトの時代から千年パズルに宿った失われた王の魂、それがオレの正体だ。」

アテム・・・それが遊戯の本当の名前・・・





さて、イルミナティというのは3角に目玉マークであり、これはロスチャイルドが作ったのです。
以前にフリーメイソンという秘密結社が世界中に散らばって存在していて、それを乗っ取って使おうと。そう考えたロスチャイルドはアダム・ヴァイスハウプトという人物を使ってフリーメイソンの内部に侵入しました。
そして、組織内組織を作ってフリーメイソンを操るようになったのです。つまり、イルミナティはフリーメイソンの内側にいる組織であり、隠れてコソコソと陰謀を実行する役割です。
アメリカの1ドル札の裏にも印刷されていますが、彼らは目玉マークをあらゆるところでマーキングとして使っています。自分たちだけでわかるように目玉マークを忍ばせているのです。






http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E8%97%A4%E9%81%8A%E6%88%AF
遊戯 過去
その正体は、古代エジプト第18王朝を治めていた王(ファラオ)の魂。その名と記憶は長い時の流れの間に失われてしまっていたが、周囲に千年アイテムを持つ者が次々と現れ、またマジック&ウィザーズ(アニメ版ではデュエルモンスターズ)、そして三幻神のカードに関わって行くうちに己の正体を見出していく。
本名が判明するまでは遊戯に「もう一人のボク」と呼ばれていた。それまでは遊戯と名前を共有し、区別が必要な時には表に出ていない方が「もう一人の遊戯」と呼ばれる。[5]
バトル・シティの直前、古代エジプトの石版からその正体が明らかになった。アニメでは石版を見たとき、イシズにより古代エジプトに飛ばされた先で登場した。アニメでは王の記憶編が始まるまで顔が伏せられており、このときマントの色は赤であったが、ドーマ編から元の色に戻っている。
真の名は“アテム”。“アテム”の名は、古代エジプト太陽神アテンに由来する




第18王朝というのが特徴ですねw
エジプト第18王朝には
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%88%E7%AC%AC18%E7%8E%8B%E6%9C%9D

ネブペフティラー・イアフメス1世(前1570年 - 前1546年)
ジェセルカラー・アメンヘテプ1世(前1551年 - 前1524年)
アアケペルカラー・トトメス1世(前1524年 - 前1518年)
アアケペルエンラー・トトメス2世(前1518年 - 前1504年)
マートカラー・ハトシェプスト(前1498年 - 前1483年)
メンケペルラー・トトメス3世(前1504年 - 前1450年)
アアケペルウラー・アメンヘテプ2世(前1453年 - 前1419年)
メンケペルウラー・トトメス4世(前1419年 - 前1386年)
ネブマートラー・アメンヘテプ3世(前1386年 - 前1349年)
ネフェルケペルウラー・アメンヘテプ4世(アクエンアテン 前1350年 - 前1334年)
アンクケペルウラー・スメンクカーラー(前1336年 - 前1334年)
ネブケペルウラー・トゥトアンクアメン(トゥトアンクアテン、ツタンカーメン、前1334年 - 前1325年)
ケペルケペルウラー・アイ(前1325年 - 前1321年)
ジェセルケペルウラー・ホルエムヘブ(前1321年 - 前1293年)




何人かファラオがいますが、「アテム」に近い名前のファラオというと、エジプト全体を突然アテン神のみを崇拝するように一神教へ変えようとしたアメンホテプ4世がいます。彼は自分のことを「アクエンアテン」と名乗ったファラオです。
この遊戯王では遊戯は18王朝のファラオであり、名前は「アテム」

つまり、遊戯は「アクエンアテン」の生まれ変わりだといいたいのでしょう。
ん?
このファラオどこかで出てきましたね?

このファラオは実はモーゼだと噂されている人物なんです。モーゼは嘘ばっかりついてエジプト人から金や銀を騙し取ったのですが、そもそも聖書じたい嘘がたくさん書かれているのです。
奴隷として扱われていたユダヤ人がエジプトを脱出するのにファラオの許可が降りるはずがない。奴隷なんだからそんなの殺されて当然でしょう?

ところがモーゼはエジプトを脱出できた。それはつまり奴隷の身分ではなく、彼が王族だったからです。
モーゼがそもそもファラオであり、エジプトを脱出することにした。脱出の目的は権力を自分に集めることです。
この当時はいろいろな神様がいたのです。太陽神ラーをはじめ、冥界の支配者オシリス神、その妻イシス女神、嵐と暴力のセト神、死後の世界のアヌビス神、学問や知恵のトト神・・・
それらの神様に対する信仰をやめろ、と言い出したのがファラオのアメンホテプ4世です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%98%E3%83%86%E3%83%974%E4%B8%96

「権力を固持したいために」アメンホテプ4世は多神教であった従来のエジプトの宗教を廃し、唯一神アテンのみを祭る世界初の一神教を始めたのです。
首都をテーベからナイル川を277キロほど下った東岸のアケトアテン(現名:テル・エル・アマルナ)に移転。
従来の多くの神々の崇拝を禁じて、神々の像を破壊し、唯一神アテンへの信仰に切り替えた。自らもアクエンアテン(イクナートン,アトンに愛されるものの意)と名前を変えた。

このアクエンアテンはひらたくいうとものすごく自分勝手な人物であり、非常に胡散臭い人物です。なにせそれまでの神様をすべて否定し、自分が作り出した神「アテン」のみを崇拝しろと言うんです。
そして、自分は「アテン神に愛される者」だから名前を変更する、と。
こんな人物の言うことを誰が聞きますか?いままでエジプトではたくさんの神様を拝むことで平穏無事にやってきたのです。それを全部たたきつぶす。
ユダヤ教も一神教ですが、同じことです。「自分の神」以外は認めない。ここに一神教を作り出した人間のエゴが垣間見えます。


アクエンアテンはモーゼであり、その時代より以前は「ユダヤ」という表現は無かった。このファラオこそ自分の権力を固持するためにエジプト全体を敵に回したユダヤ人の発祥です。
今世界中を「通貨発行権のサギ」で不景気にしているユダヤ問題はこのファラオのわがままから発生しており、民営の中央銀行が存在しているために我々一般国民は毎日苦しい生活を強いられているのです。

遊戯の本当の名はこの一神教の神「アテン」とほぼ同じ「アテム」です。
そして、彼が18王朝のファラオの生まれ変わりだと言うなら「アクエンアテン」以外に近い名前の人物は存在しません。

つまり、遊戯王はアクエンアテンをモデルに描かれたマンガだと言えます。
それゆえにアクエンアテンが出てくる以前のエジプトの象徴(オシリス神、オベリスク、太陽神ラー、の3枚のカード)を「所有した」らデュエル王(ファラオ)の称号を手にするということなのです

さすがアクエンアテン。いままでのエジプト文明をすべて支配下に収め、自分が絶対権力を持ちたい!自分こそが神であり、それ以外の人間はどうでもいい存在だ。そのような彼の気迫が伝わってくるマンガです。
彼は自分で働く気はありませんから、なんとか人々を騙して生きようとします。エジプト人はその標的にされました。





マネー/金融システムの闇の超起源(R・D・ウィリング 著)より

さらに聖書を読み進んでいけば、もっと矛盾したことに遭遇する。エジプト脱出の物語で、選ばれた民(モーゼとユダヤ人)はシナイの砂漠を36年間放浪した(40年と主張しているが、モーゼが84歳の時に脱出をはじめ、120歳で死去したのであれば36年になる)
彼らの衣服や靴の耐久性は抜群だったのだ。その集団を率いたモーゼは、サギを計画し、周到な手順でエジプト人から「すべての金と銀」を騙し取った。
モーゼの神モロクは、返す気が全然無くてもよいから、隣人であるエジプト人から「すべての宝石、金、銀」を借りるように指導している。エジプトにいた人々で、カルトの一員でない者はすべて騙し取られる標的となった。こうして騙し取った大量の財産は子供たちの身に着けさせた。
「神はエジプト人に同情を起こさせるようにした。そのため、エジプト人は求められるままに物を貸した。そうしてエジプト人から奪い取った」と聖書に書いてある。
モーゼは灼熱の砂漠に足を踏み入れ、靴も服も替えずに歩き回った

聖書はつじつまが合っていると同時に合っていない。すべてを語っていながら、何も語っていない。必要なものはすべて文字として記述されているが、文字通りの文章は意味不明である。
聖書は、我々が知っているような暦に従って、時系列に出来事を記述したものではないことは確かである。比喩や寓話を使い、何かを伝える暗号文のようなものとして歴史の中を進んでいる。

アメリカの作家マーク・トウェインは、残虐な処罰を求める聖書の祈りと、特に「殺してはならない」と聖書が言っていながら、多くの罪の無い人々が犠牲になっていることに矛盾を感じ、煩悶した一人であった。
トウェインは、聖書の中で神が自らの民に対して「都市を奪う」ことを命令しているのを発見する。「そして、剣の刃ですべての男を殴りつけろ。それから、すべての男の子供を殺し、男と寝て男を知っている女も全部殺すことも必要だ」

この聖書の一説は、神が強姦乱交と大量殺戮を命令しているとしか理解しようがない。
民数機三十一章八節で神は「男と寝ておらず男を知らない女子と乳幼児は、お前達用に生かしておけ」と言っている。




遊戯王のファンには悪いですが、言わせてもらいます。
聖書がデタラメを並べた胡散臭い書物であるなら、モーゼ自身もただの泥棒であり、ユダヤ教の原点を考えると非常に不快な感情になります。
聖書の神はまさに神と言う資格もないエゴの塊であり、これがユダヤ教の本質ですね。そして、「みずからをユダヤ人であると名乗るロスチャイルド・イルミナティ」はこの考え方で世界を支配しています。
その象徴こそ目玉マーク。


The Illuminati/AntiChrist All Seeing Eye
http://www.youtube.com/watch?v=_MPZtVwCIeE

The All Seeing Eye Part 1: in Movies
http://www.youtube.com/watch?v=pK8tI3mDYlg

The All Seeing Eye Part 2 - in Churches
http://www.youtube.com/watch?v=XuRhlbDYhqs

The All Seeing Eye Part 3 - Everywhere
http://www.youtube.com/watch?v=x8ZqtD-kiVA

The All Seeing Eye Part 4 - in Logos
http://www.youtube.com/watch?v=mcFIOTFU3j8




遊戯王に出てくる目玉マークは、このロスチャイルド・イルミナティのシンボルです。
世界中彼らが「通貨発行権のサギ」で盗み取った資金を使ってシンボルをマーキングしています。

通貨発行権さえ手に入れば、その民間企業は国と国民から利子を毎年吸い取れるのです。「民間銀行のサギシステム」があるからこそロスチャイルド・イルミナティは膨大な資金を持ち、日本の花王やソニーの株を50%以上買占め乗っ取ることができたのです。
遊戯王の関係者にもその資金が回っていることでしょう。我々はこの経済システムにかけられたトリックを見破らなければいけません。そして、見破ったからには「すべての銀行を国営化」する必要があります。

問題はみんながお金のことを知らないために、ロスチャイルド・イルミナティの泥棒行為に気づけないことなんです。
「不景気で困る」とか「円高で日本の製造業は限界だ」とか「大学生でも就職先がない」とか「グローバルスタンダードの崩壊だ」とか世間ではいろいろ騒がれていますが、本質はひとつなのです。
お金は経済の中で回らなければならない、でも途中で彼らユダヤ資本に盗み取られている。彼らは民間銀行を所有することで利子としてお金を盗み取り、企業の株主となることで配当を盗み取ります。盗んだお金でマスコミを買収し、インサイダーし放題なのです。


遊戯王ファンのみんなにこの問題の本質を気づいてもらえる動画が↓これです。お金の仕組みさえ理解できれば「あ~それでいまこんなに不況なのか。」と理解できます。
トリックは単純なのですが、そこに行き着くまでちょっと時間がかかります。
わからないところがあればなんでも聞いてください。そして、日本をもっとまともな国に戻しましょう。そのきっかけをつかんでください。

遊戯王をよく知っているあなたがこのブログを見つけてくれたことは奇跡です。遊戯王を通して世の中のカラクリをあばいていきましょう。





おかねのしくみagain~世界はこんなチャチなトリックで出来ている! @ Yahoo! Video
http://video.yahoo.com/watch/5336601/14067881

おかねのしくみagain~世界はこんなチャチなトリックで出来ている![アメーバビジョン]
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=1680113




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。