スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユダヤ金融資本って?

よく聞く「ユダヤ金融資本」とはいったいなんなんでしょうか?(本当はハザール人)
藤原直哉氏のネットラジオ
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/cat5153943/index.html
などでは「国際金融資本」と呼ぶこともあります。




わかりにくいですね~。










ではコシミズ氏の動画を見てみましょう。
http://video.google.com/videoplay?docid=-7654256446381089725#

まずロックフェラー系の金融機関
銀行 チェイス・マンハッタン シティ・バンク
証券 メリルリンチ モルガン・スタンレー
保険 GMキャピタル プレデンシャル


ロスチャイルド系
ロスチャイルド銀行
クレディ・スイス
J・P・モルガン
証券 ゴールドマン・サックス
保険 ロイズ保険

大手全部じゃないですか!
つまりロックフェラーとロスチャイルドで世界の大手の金融機関は全部終わっちゃうんです。
これ以外なにもないんですよ。

だから私は言ってるんです、ユダヤ権力、ユダヤ金融資本って。














え?世界の大手の金融機関ってロックフェラーとロスチャイルドしかないの?
ってことは「国際金融資本=ユダヤ金融資本」ってことですよね?
ああ、そうか。藤原直哉氏のラジオで「ユダヤに乗っ取られたアメリカ」とか「ユダヤ金融」とか言ってたなあ。

そうか、コイツラが9.11を自作自演してアメリカをだました犯人なんですねコシミズさん

でも・・・なんで「金融」なんでしょうか?
世界を支配するなら軍事産業とかね、工業とかを独占しているならわかりますが、
なんで「金融」を独占支配しているんでしょう?

もちろん「無限に増える利子」で経済をじょじょに乗っ取るためですね~。












「民間銀行」こそ彼らの力の源泉です
「民間」だからこそ「株主」として彼らは利益を盗み取れるのです。
だって株主になれば株主配当がもらえるでしょう?
彼らは配当で日本からお金を盗み取っているんです。












だって、「銀行は無からお金を生み出しているんです」よ?
自分たちが持ってもいないお金を貸し出しているんです。(これが信用創造です)
ということは貸し出したお金の利子は理論上返済できないから、新たな借金をして利子分を市場に作り出すしかないんです

銀行からお金を借りている民間企業は借金の利子を払うために、誰かが借金してくれるのを待つしかない。
借金につぐ借金が繰り返されるわけです。

その間に利子はどんどん膨れあがります。












ではその銀行の儲けた利子分はどうなるのでしょう?
銀行の株主配当として「ユダヤ金融資本」が盗み取っていくんですね~。

そう、このペテンを見破ると「あ~なるほど」とすっきりします。
だから金融自由化とか株主配当を増やせとか、新聞テレビが言ってたわけか~。

そして郵貯も「民間企業」にして乗っ取ろうと考えていたわけですね。













彼らユダヤ人(ハザール人)は怠け者で何一つ自分達で作り出すことができません。
でも株主になれば寝てても収入が入ってくる。

それも「利子」のインチキによって民間の借金はどんどん増えていくから笑いが止まりません。
そして銀行が破綻した時は「みんなのお金が払えなくなってもいいのか、政府が税金で助けるべきだ。」とユダヤ金融資本の尻拭いを国にさせるのです。















あれれれ?





「銀行が巨額の負債を抱えて、政府に税金で助けてもらった」と言う話はよく聞くけど、なんか変ですよね?
銀行って貸し出すときに担保を必ず取るでしょう?

お金が返済されなくても「担保」は必ず残るから、巨額の負債を抱えること自体おかしいと思うんですけど・・・












44 :ソーゾー君 ◆0aWIMuV0Ro :2009/11/24(火) 07:49:04 ID:iA6sVyZh
恐慌が起きると銀行が負債を抱え政府に救済される「が」銀行が自ら作り出したものである
何故銀行は膨大な負債を抱えるのか?このメカニズムを説明しよう

銀行は必ず何かしら担保を取る
「担保=貸出額=帳簿の負債だから損はしない^^」と言う訳だ






だが実際は何故か膨大な負債を負う


当時5億の価値がある担保を持つ人が銀行に5億円を負債として借りる
借り手が1億円返した所で私立銀行群が一斉に貸し渋りを起こし恐慌が発生
、借り手は返済が滞り5億円分の担保を奪われる

銀行はコレを競売に掛ける「が」不景気で「みんな金がない」「起業をしたくない」状況
誰が買うのでしょうか?








競売に掛けても売れず値段は当時見積もった資産価値の十分の一で外資に買われる
銀行の赤字は3億5千万となる




コレをワザとやっているのです・・被害者を演じる為にね・・・
銀行のオーナーは欲しい駅前一等地物件やライバル企業を底値で買い叩き支配出来るのです
















なるほど、
担保を奪っておいて、不景気を作り出してから競売にかけるんですか。
そりゃ買う人はいないでしょう。

それで奪った資産を(イルミナティは)安く買い叩くことができる=(銀行は)安値で売りさばくことができる

ユダヤが安く資産を買い叩いて、銀行にわざと負債を作らせる







だって普通に考えたら貸し出した金額と同等の担保を取ってるから、銀行が巨額の負債を抱えるわけないですもんね。












で、銀行の尻拭いを政府の税金で穴埋めする、と。
無茶苦茶だなw













つまり、ユダヤ金融資本=国際金融資本=イルミナティ=民間銀行の株主=泥棒野郎
ということですね。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。