スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユダヤ戦略 分断工作「競争しろ」は間違い


×競争する→○協力する





楽しい人生を生きる宇宙法則
(小林正観)より





私も人生の前半は「戦いなさい、努力しなさい、人より抜きん出なさい」という競争社会の価値観に操られてきた人間です。
ですから、そちらの世界を知らないわけではないし、その競争からドロップアウトした方でもないんです。



私は30歳で結婚しまして、なかなか子供ができなかったんですが、3年たってやっとできた子供が障害児でした。


この子の6年生の運動会で、母親が手をつないで出かけようとしていたときに、母親がとてもニコニコしていたものですから、
「えらく楽しそうだね」って声をかけました。
「今日はもしかするとうちの娘がビリじゃないかもしれない」

どういうことかと言いますと、娘は染色体の異常で体の筋肉が人の半分しかなくて基礎体力も筋肉も発達していないがゆえに
走らせると人の3倍から4倍かかるんですね。
小学校1年から4年までは50m走なんですけど、ずーっと8人で走ってきて8番目。

つまり、いつもビリだったんです。





「どういうこと」って聞くと、クラスの中に1週間前にケガをした女の子がいるんだそうで、
足首に包帯をグルグル巻いて1週間通って来ている。
「怪我をしているんだから徒競走はやめたら?」って先生が言ったら
「いや、どうしても走りたい」ってその女の子が言ったそうです。


その女の子と娘が最終組で走ることになった。

もしかすると、初めてうちの娘は7位になるかも知れない。
7位になろうが8位になろうが、こだわってないんですけど、嫁さんがそんな話をしながら楽しそうに出て行きました。







で、ニコニコして帰ってきたんですね。

「7位だったの?」
「それがね、やっぱり8位だったのよ」
「怪我をしていた女の子はどうなったの?」


ヨーイドンで走り出して、みんなが50mくらいの時に
娘は15m、怪我をしていた女の子は10mのところにいたらしい。
娘の方が早かったらしいんですが、その女の子がけがのために走りにくかったんでしょう。
「キャッ」と転んでしまった。





その転んだのを見たうちの娘が「どうしたの?」
って足を止めてトコトコと逆走しまして、その子の腕を持って残りの90m一緒に走ったんです。

ゴール手前で女の子の背中をポンッと先に押してから自分がゴールに入ったそうです。
でね、結局ビリだったんです。また。

でも、ゴール手前のところで、もう一度テープが張りなおされて
会場が割れんばかりの大拍手、大歓声に包まれたということなんです。
「とても感動的なシーンだった」って嫁さんが言ってました。


私は非常に衝撃を受けました。









私たちは、小・中・高校と学校でも社会でも
「ヨーイドンって鳴ったら、必ず1位2位へ飛び込め」ってそういう教育しか受けていないですよね。
わけがわからずただゴールに飛び込むことしか考えないでずっと走ってきました。


人より抜きん出ること、人よりもたくさんの努力をして
その努力の結果が幸せになることの証であると信じ込まされてきました。
それしか価値が無い、それが当たり前だと思って生きてきたんです。

でも彼女の価値観は違うんです。
速く走るとか、速くゴールするとかいうのがない。
私はものすごくショックを受け、何百回も考えました。





娘の生き方の方がただしい。




私が今まで教え込まされてきた人生観とか、ものの考え方というのは
どうもどこかがおかしいみたいだ。
なにかものすごく大きな思い込みに縛られてきたのかもしれない。


こういうことを、この子は教えに来てくれたのだと思います。










斉藤一人とみっちゃん先生が行く
(みっちゃん先生)より




学校の先生ってさ
普段は「みんな、仲良くしましょう」って言っておきながら、
テストの時は「隣を見ちゃいけません」っていうんだよね。
で、隣を見ちゃいけないというから仲が悪いんだよ。

月に1回でも、みんなで見せ合う試験でもやれば、みんな100点取れるしそれで仲良しにもなるんだよね。
だって、助け合ってたら仲良くなるもん。

社会に出たら、隣を見ていいんだよ。
学校じゃあ見せっこなし、だったけど


社会に出たら「助け合い」なんだよ。
なぜって、みんながバラバラじゃあ1の力しか出ないんだ。
だけど助け合っていたら100にも1000にもなる。











(私のコメント)
学校教育で「なんでこんなわけのわからない競争をするのかな?」と思っていましたが
競争はユダヤ戦略の「分断工作」だったわけです。


協力されると彼らは困るんです
だからそれぞれの個人を競争によって分断させる学歴社会を作った。


どうして試験で人を区別するのですか?
どうして学校で人を判断するのですか?
どうして記憶力だけが、成績だけが「人の価値」なのですか?
我々はお互いにいがみ合うように、教育というものが作られているのではないですか?



結果はどうですか?

子供たちが生き生きと暮らす姿が無くなった。
子供たちが助け合うということが無くなった。
自分で考えるということがなくなった。

大人になっても協力し合うことが無くなった。
人の気持ちがバラバラになってしまった。

これが教育と言えますか?





これは一種の洗脳ではないですか?

いい大学に入れた子は、自分より下の学歴の人をバカにしたり見下したりする。
(もちろんそんな人ばかりでもないですが)
学歴社会についていけない子は反抗的になったり、うつになったり、バイクで暴走したりする。
学歴社会についていけなくなって人を殺したりする凶悪犯罪も増えてきています。

一体、学校とはなんなのか。
もう一度よく考える必要があると思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。