スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言論弾圧に失敗

株式日記 2009年7月1日
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/9eb44d05238d5b85a57f16b3011fa32f

宮沢りえのサンタフェも児童ポルノ法で取締りの対象になる。





国会ではとんでもない法律改正がなされようとしていますが、国会議員の中にはとんでもない常識の持ち主がいるようで、
新児童ポルノ法では「単純所持」も取締りの対象になるようだ。日本では18歳未満が児童とされているので女子高校生ものの裸は禁止になる。
18歳未満を児童とする事に無理があるのであり、諸外国のように13歳未満を児童とすべきなのだろう。

確かに小学生の女の子のヌード写真はロリコンが相手であり異常ですが、女子高校生の裸が見たいと言うのは健康な男子なら誰もが見たいものであり、
それを法律で取り締るには無理があるだろう。見たくないと言う男がいるのならその方が異常なのであり、美少女の写真集を持っていると新児童ポルノ法で取り締まられる事になる。

保坂展人議員のブログを見ても、提案者の葉梨議員の答弁では疑わしいエロ画像は全部破棄しろという過激な答弁であり、
これでは財産権の侵害であり、表現の自由への侵害だ。だいいち若い女性のエロ画像を18歳か17歳かをどのように判別すればいいのだろう? 
13歳未満となら18歳と区別はつくだろうが、法律自身に無理がある。

今回の法律の改正は幼児の性的な搾取から守ると言うのが主旨だと思うのですが、日本の場合18歳未満を児童の定義とするからおかしくなる。
さらにイラストや漫画もその対象となるとグレーゾーンが限りなく広がってしまう。普通児童ポルノといえば小学生の女の子の裸の写真などを思い浮かべますが、
一部の男性しかそのような写真には興味がないだろう。

女性の体が一番輝いて美しいのは15歳から20歳くらいまでであり、それを過ぎるとおばさんぽくなってくる。
宮沢りえが17歳でサンタフェと言う写真集を撮ったのも、マネージャーのお母さんが17歳が女性が一番美しく見えると言う事からだろう。
疑うのなら女子高校生と女子大学生を並べて見ればいい。女子大生はすでにおばさんに見えてくる。




、「単純所持も」も処罰の対象となるから私も処罰の対象となるし、多くの男性もネットなどから収集したエロ画像を持っていることだろう。
もしないとすれば女性には興味を持っていない男であり、ホモセクシャルな趣味の男に限られるだろう。

女性の体は十代半ばから二十歳くらいまでが花であり、17歳の女性のヌード写真を取り締りの対象とするのは、狂気の沙汰だ。
芸術か猥褻かという価値観の違いはありますが、精神の内面にまで踏み込んだ法律による取り締りは近代国家のすることではない。

日本にはグラビアアイドルという職業ジャンルがあるが、18歳未満のモデルもたくさんいる。これらも新児童ポルノ法の取り締り対象になるのでしょうが、
職業選択に自由に違反する法律になるのではないだろうか? これらは「性欲を興奮させる」ものでありグラビアアイドルは児童の性的な搾取の対象だというのだろうか?

最近は警察や検察による恣意的な捜査が多くなり、無実な人が有罪にされたりしていますが、
これからはパソコンが一台一台調べられて女子高生のエロ画像があれば処罰の対象となるだろう。
「単純所持」も対象なのだからとんでもない法律だ。麻生総理も法律の成立に賛成していますが、どういうつもりなのだろう。


私が思うには、新児童ポルノ法は別件逮捕の手段として有効であり、有罪に持ち込めない容疑者の自宅を調べ上げて、パソコンなどにエロ画像があれば児童ポルノ法違反の現行犯として逮捕できる事になる。若い女性のヌード写真があれば18歳未満として断定すれば逮捕できる。
まさに治安維持法以上の悪法であり、軽犯罪で逮捕されて立件できないような時に自宅を調べ上げてグラビアアイドルの写真集やDVDがあれば現行犯逮捕なのだ。








株式日記 2009年7月3日
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/2e3c5228cfb82a5d54008c86154ae97b

「児童ポルノ禁止法」の真の目的は、公明党・創価学会批判をするブログやサイトを弾圧取締りをする為の「ネット規制法」なのだ。
児童ポルノ処罰法違反容疑で有罪となった場合には2~3年の懲役刑が課せられることとなる






「児童ポルノ禁止法」についてどのような法案なのかマスコミがちっとも報道しないので分かりませんが、
公明党が主導的に動いてできる法律のようだ。なぜ公明党なのかが疑問なのですが、本当の目的はネットに蔓延している創価学会批判を封じるためのものではないだろうか?

一番問題となるのは「単純所持」でも処罰の対象となることであり、若い女性のヌード写真を保存しているパソコンが全て処罰の対象となるということです。
しかしこれは思想の自由や表現の自由への侵害であり18歳未満を児童とする事に無理がある。欧米のように13歳未満を対象とするなら意味は分かるが、
写真を見て17歳と18歳の区別がつくわけがない。

アグネスチャンは香港出身の元アイドルですが、18歳になるまで水着の写真も良くないと言うことです。
しかしオッパイなどの形に関しては17歳が一番美しいとされていて、婦人科カメラマンなどに聞けばそれは良く分かるだろう。
15歳から17歳の水着の女性が「性欲を興奮させる」のは当然であり、水着はセクシーに作られている。
それらの写真集も処分しないと処罰の対象になるが、日本もとんでもない世の中になったものだ。


戦前の思想統制は保坂議員が言うようにエロ・グロ・ナンセンスの取締りから始まったものであり、しまいには「パーマネントは止めましょう」まで行ってしまった。
だから今度の児童ポルノ禁止法も思想弾圧のきっかけになるものであり、公明党が意図するのも創価学会批判封じが目的かもしれない。

とりあえずは目障りなブロガーに対して痴漢や窃盗などの容疑で逮捕して、自宅を家宅捜査すればエロ本やアダルトビデオが出てくれば
「児童ポルノ禁止法違反」で現行犯で取り締る事ができるだろう。それらを全部処分しろといっても財産権の侵害であり思想統制になるだろう。

ネットが世界的に普及すれば、世界中のサーバーにアクセスできるわけであり、それを制限できるのは中国などの思想統制国家しか出来ないだろう。

禁止法を設ければかえってヤクザの資金稼ぎの手段になりかねない。
今までネット上で無料で見れたような画像が裏本みたいな扱いになって非合法に売買されるようになるかもしれない。
今のうちに仕込んでおいてネットで販売すれば儲ける事ができるかもしれない。金を払っても見たいという人が出てくるからだ。









株式日記 2009年7月10日
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/43c1956fd29d6191d785146d06a49c25

クリックすれば児童ポルノにつながり、誰でも見られます。だから、公然陳列罪に当たるということです。すでに罰金50万円が確定している。







新児童ポルノ禁止法は、児童の性犯罪から守ると言う目的よりも、インターネットを取り締る目的で作られるようなものだ。
日本では18歳未満を児童と規定しているが、外国では13歳未満と規定している。18歳と13歳とでは大人と子供の違いがありますが、
日本でどうしてこのような法律が作られるのだろうか?

このような事に対してテレビなどが全く報道しませんが、どうしてだろう? 
テレビにしても16歳から17歳のアイドルが水着姿で運動会を開くような番組を放送しているのだから、
新児童ポルノ禁止法が可決されれば、番組制作にも大きな影響が出る。18歳未満の女性で「性欲を興奮させる」ような映像は一切禁止される。
しかしその基準は曖昧であり、警察による恣意的な判断で取り締られるのだ。

「株式日記」もリンクをたくさん張っていますが、そのリンク先に18歳未満の女性の水着写真があっただけでも公然陳列罪で逮捕される事になる。
警察が日本全国の全部のパソコンの中まで調べることなど不可能であり、警察の恣意的な捜査に悪用されるだけだ。
なにをもって「性欲を興奮させる」かの基準もなく、単純所持の規定も曖昧だ。

問題は児童ポルノ禁止法をもとにプライバシーの侵害とも言えるパソコンの中まで捜査が出来るということであり、携帯電話の中身も捜査できるようになる。
該当で電話していたら警官に呼び止められて携帯の中まで調べられるという事もあるだろう。女子高校生のガールフレンドの水着写真があれば現行犯逮捕だ。

国会でどのような審議をしているかは、保坂展人議員のブログを読むとわかりますが、保坂議員もどうしてテレビが番組制作で大きな影響を受けるにもかかわらず
報道しないのか疑問を呈している。これは前にも書いたように公明党が主導している法律であり、公明党を非難するブログを取り締る為に作られるのだろう。
これはネット取り締り法案なのだ。








(私のコメント)
株式日記さんで記事にされていますが、児童ポルノ法案というのは「言論弾圧法案」です。
公明党がこれを進めていましたが、選挙で民主党が大勝したことで頓挫したようです。

しかし、これを先頭きって日本に導入しようとしていたのがアグネス・チャンです。

なんで?
なんでこんな言論弾圧法案をあのおバカな(失礼)アグネスが推進するわけ?

私がテレビで見たアグネスの印象はそんなに悪い人物には見えない。
むしろ「性格のいい母親」みたいなイメージを持っていました。
じゃあちょっと調べてみますか。








アグネス・チャンさんと創価学会について教えてください。

聖教新聞にアグネスちゃんさんが登場して幾久しくなるのですが、
昨年の暮れには、歌まで歌われておられました。

私も昔から彼女のファンでしたので、どうしてクリスチャンのアグネスが創価学会の機関紙に
たびたび掲載されるのか不思議に思っていたのですが

彼女の最新曲を作詞した「山本伸一」という人物が、池田大作氏のペンネームだということは週刊誌にも書かれたのでご存知だと思う。






アグネスが創価と関わっていることは知らなかった。








【芸能】アグネス・チャン 安倍首相と創価学会が作詞 (ゲンダイネット)
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1174872658/

安倍首相(52)が歌手のアグネス・チャン(51)のために作詞をしたという。
タイトルは「美しい国」にちなんで「美しいのは」だって……。笑うなかれ。
「美しいのは 母の背中 ふるさとの海 冬に咲く花」といった歌詞に曲がつけられ、
12月発売予定のアルバムで作品になるらしい。

「驚くのはそれだけではありません。アグネスのシングル『そこには幸せが もう生まれているから』が
今月発売になりましたが、作詞をしたのは山本伸一、つまり創価学会の池田大作名誉会長なのです。
すでに学会員の間では話題になっていて隠れたヒットになりそうです」(芸能関係者)

 ナント、総理と名誉会長がそろって作詞とは。
恐るべしアグネス・チャンだが、一体どういう三角関係なのか?


ネットゲリラ 2009/06/27
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2009/06/post_2168.html

アグネスチャンは、中国共産党と創価学会のスパイ






だんだん雲行きが怪しくなってきましたね。
ユニセフも組織内組織で中心部分の連中が何をやっているのかわからないアヤシイ団体ですが・・・









日本ユニセフ=国連機関のユニセフではありません。
名義貸しのフランチャイズ協会と考えてください。
日本ユニセフに募金しても、そのお金が全て慈善事業には使われるわけではありません。
90%を収めて、10%は日本ユニセフのものになります。、
日本ユニセフは金銭徴収の代行団体として考えてください。

で、日本ユニセフ協会と創価学会の関係についてはよくわかりません。
ただ日本ユニセフの広告塔やってるアグネス・チャンが聖教新聞に登場したり
池田大作先生の作詞した曲を歌ってたり、「そのおかげで顔面麻痺が治った」等の
発言をしておられ創価学会幹部会にも出席されたそうなので、その関係でしょう。


日本ユニセフ協会は
ユニセフとは別団体です
寄付された中から75%以上をユニセフに寄付しているそうです
100%寄付したければ黒柳徹子さんまで


日本ユニセフ協会と、国連機関のUnicefは別組織!
もうわかりきってることですが。
日本ユニセフは、入手先不明の名簿を利用し、
寄付を募るダイレクトメールを送りまくっています。
この名簿の入手先はもちろん問題。
入手するための手数料もかかっているはずです。
そういうのはどこから支払われるのか~募金額の一部からではないでしょうか。

しかしもっと問題なのは、集められた募金で豪華ビルを建てたり
募金の一部が役員に報酬として支払われている事。
募金の一部はユニセフに寄付されているが、他の費用に使われている金額も大きい。

日本ユニセフのイベントに出ているアグネスチャンは、毎回高額の出演料や
講演料をもらっているというが、これも日本ユニセフへ募金された募金の一部
から支払われている。
ボランティアとは、営利目的・営業目的では駄目なはずだが、
本当にボランティア精神があれば、
アグネスチャンも黒柳さんのように、講演料などを拒否する姿勢も必要なのではないか。
仕事を兼ねているところが非常に胡散臭い。

一方、Unicef親善大使の黒柳さんはダイレクトメールは送りません、と。
講演料ももらっていない。
募金の100%を現地での援助に使っているので、ダイレクトメールや広告に遣う
お金はない、という。

本当に恵まれない国を援助しようと言うなら
募金額全額が援助につかわれる黒柳さんのほうに募金を!


日本ユニセフ協会は、役員天下り等で無駄金ばかり浪費する利権団体で、
いわば、ブクブクと私腹を肥やして巨大化したユニセフの看板を掲げるフランチャイズ店で、
DM(ダイレクト・メール)をしつこく送り付ける事で有名な団体です。








国連はロックフェラーの提供した土地にある世界支配のためのコントロール組織ですが
国連機関のユニセフはイルミナティの手先ですが、それとまったく関係のない営利団体に所属しておられるようで・・・
アグネス、何やってんの?











wiki 日本ユニセフ協会
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%82%BB%E3%83%95%E5%8D%94%E4%BC%9A

「ユニセフ」という名称を含むが、国際連合児童基金 (ユニセフ) の日本事務所ではない[5]。
日本ユニセフ協会はユニセフ本部と協力協定を結んでいる団体であり、日本において民間人・民間団体・企業向けにユニセフを代表する唯一の組織である[3]。
日本における民間協力の窓口として運営されている非政府組織であって、国連機関ではない[3][4]。
ユニセフ本部は東京都内に「ユニセフ東京事務所」を設置しているが、この事務所もユニセフ日本支部ではない[14]。

日本ユニセフ協会は国際連合(UN)内の国際連合児童基金(ユニセフ)と協力協定を結び、日本からの民間拠出金を取りまとめている、あくまで民間協力の団体である[3]。
日本ユニセフ協会はユニセフ本部との協定により、専ら協会の活動費として用いられる会費の他に[15]、寄付金の一部(上限25%)を
協会自身の活動資金やユニセフ活動への広報・啓蒙活動の為に留保しており、留保額を除いた寄付金がユニセフ本部に拠出されている[7]。


2007年度は、日本ユニセフ協会は176億5671万円を集め、その81%をユニセフ本部に拠出した。[33]。







工作員やスパイというものは最初から工作員ではありません。
人生の途中で「アメリカやイギリスに留学した時に洗脳される」んです。
だから売国的なことをする連中というのはだいたいわかるわけです。
自分の国を裏切って、イルミナティの手先になる。
そして裏金もらってウハウハと。
留学というのはその目安ですね。


小泉
慶應義塾大学経済学部を卒業して、ロンドン大学に遊学(公式プロフィールでは留学とされているが、実際は聴講生で単位取得はなし)

竹中
1981年、ハーバード大学、ペンシルベニア大学客員研究員。ハーバード大学留学中は設備投資に関する合理的期待の実証研究を行った。


アグネスを調べるとやっぱりアメリカに行ってる。
ここで洗脳されたのか?









アグネス・チャン
1989年には米国スタンフォード大学教育学部博士課程に留学、現地で次男を出産。
1998年、初代日本ユニセフ協会大使に就任(後述)。
2006年 12月右あごの裏にある唾液(だえき)腺の腫瘍(しゅよう)。
12月27日に香港で唾液(だえき)腺(右あご裏)腫瘍の摘出手術
術後の顔面麻痺 春先まで後遺症が残る
年明けから3月にかけ、その後遺症で右顔面のマヒに苦しんだ


2007年 アグネス・チャンさんが右胸のしこりに”しこり”に気が付いたのが9月19日。
2007年 精密検査を受けて初期の乳がん(粘液がん)との診断が出たのが9月25日。
30日に東京都中央区の聖路加国際病院に入院
10月1日に右乳房を温存し患部を切除する手術に成功。
アグネス・チャン乳がんだった…手術は無事成功、5日に退院へ


2007年9月には北京の人民大会堂でのチャリティーコンサートが予定されていたが、中国共産党の指示を受けて延期され、
その時に空いたスケジュールで受診した検査で初期の乳ガンが発見され、10月に摘出手術を受けて無事成功、わずか1週間で芸能活動を再開している。

2007年11月、創価学会の本部幹部会に出席。







そういえば顔面マヒとか言ってたなあ。
それが「ソン・テジャクの歌を歌ったら治った」とか言い出したようで。

なにか変だ、つじつまが合わない。
側近か何かにわけのわからない薬でも飲まされていたのではないのか?
精密検査をした病院はイルミナティとグルではないのか?


とにかく、この癌に苦しんでいたアグネスがなにかのきっかけで公明に出入りするようになったらしい。
それからアグネスは日本に巣くう工作員となったようですね。


そういえば「行列」でアグネスが出ていた。
『二束三文の絵をカンボジアの子供たちのために買って下さい。』という企画。
1回限りのオークションをして絵を買ってもらい、カンボジアの子供達のために学校を建てるらしい。

絵をオークションした結果、ものすごい金額が集まっていた。
1枚400万とか500万とかだったから、金はあるところにはあるんだねえ・・・

日本の金が見事にカンボジアに流れて、二束三文の絵が残るという素晴らしい結果に終わっていたがこれでいいのだろうか?
伸介が「こんなに集まったらカンボジアに鉄道がひけるんちゃうか?」と言っていたからなんとも言えない気分になる。



しかし、金になるとわかれば何でもするマスコミ。
オークション2回目、やってました。
この時点で「ああこいつら嘘つきだ。」と思ったので行列を見るのをやめたのですが・・・
GHQから日本人を洗脳する機関として特権階級を与えられたテレビという存在は本当に信用が置けません。


オークション第3弾もやっちゃったようですw
一番最初の「学校を建てる」という目的がどっかに行ってしまい、
「オークションで日本人から金をボッタくる」という企画に変わっていました。

誰も気づかないのだろうか?
カンボジアに学校を死ぬほど建てるためにオークションを何回もする?

・・・んなわけないでしょ!



テレビが日本人を騙しているとみんなが気がつくのには時間がかかるなあ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。