スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザとワクチンで大量虐殺を狙うWHO

私のまわりでもインフルエンザが広がっていますが、
豚インフルエンザといい新型インフルエンザといい、季節関係無しに流行するのはなぜでしょうか?

それはインフルエンザが「生物化学兵器だから」です。
作ったんです。




新型インフル死者6000人超す…WHO発表
11月7日10時33分配信 読売新聞

 【ジュネーブ=平本秀樹】世界保健機関(WHO)は6日、世界の新型インフルエンザによる死者数が1日時点で、6071人に達したと発表した。

 前週より359人増えた。地域別では、北米・中南米が最も多く4399人、東南アジア661人、日本を含む西太平洋地域が498人の順。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091107-00000383-yom-int






このようにWHOがインフルエンザの流行をよく新聞やテレビで発表しますが、
よく考えてみてください。

「新型」ということは未知のウィルスということですよ。


つまりウィルスの流行というのは「後からわかる」はず。
大量に流行した後に新聞やテレビで「流行があった」ならわかりますが
事前に流行する地域が予測できるWHOという機関は非常に怪しいわけです

なんでわかるの?









インフル?死者67人に=WHOが調査団派遣-ウクライナ
11月3日0時59分配信 時事通信

 【モスクワ時事】インタファクス通信によると、ウクライナ保健省は2日、同国でインフルエンザのような感染症による死者が67人に達したことを明らかにした。感染者は25万5000人に上っているという。
 同国では10月30日に新型インフルエンザによる初の死者が確認されたが、死者の急増を受けて、世界保健機関(WHO)は2日、調査団を現地に派遣する。
 67人の死因が新型インフルエンザかどうかは明らかにされていないが、死亡率が極めて高いことから、新型インフルエンザではなく、肺ペストが流行しているのではないかとのうわさも広がっている。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091103-00000006-jij-int





新型インフルで70人死亡=ウクライナで感染拡大-WHO
11月4日5時39分配信 時事通信

 【ジュネーブ時事】世界保健機関(WHO)は3日、ウクライナ保健省から新型インフルエンザの感染が拡大し、2日時点で70人が急性呼吸器疾患で死亡したとの報告を受けたことを明らかにした。感染者は25万人以上に達し、このうち235人が集中治療を必要としている。
 WHOは「ウクライナの検査機関が、最も影響が深刻な2地域の患者から新型インフルエンザウイルスを確認した」と指摘した。その上で「患者の大半がこのウイルスに感染したと推定できる」と判断しており、タミフルなど抗ウイルス薬による早期治療を行うよう勧告した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091104-00000020-jij-int




WHOのやり方というのはわかりやすくて
事前に自分たちでウィルスをわざとまき散らす
後日に「新型インフルエンザが流行」と発表するのです。

ウィルスを自分達で作って、自分たちでまいて、「この地域に流行する恐れがある」
そりゃ、事前にわかるはずですよ。



玉造さんも言っていますが、なんでWHOは不気味なへびのマークなんでしょう。
それは裏で黒幕さんがあやつっている嘘つき機関がWHOだからです。
イルミナティの手先であるオバマさんも非常事態宣言なんか出してます。












米大統領、新型インフルで「国家緊急事態」を宣言
10月25日10時13分配信 ロイター


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091025-00000036-reu-int








オバマさん、感染力の非常に弱い新型インフルエンザで非常事態宣言なんか出していいんですか?
あなた
イルミナティから言われた通りに行動しているんですよね?




言われた通りにしないと、ケネディ大統領みたいに暗殺されて終わりですからね。


もちろんWHOで働いている人すべてが新型インフルエンザに関わっているわけではありません。
WHOのほとんどの人はまともに「世界を良くしよう」と考えている人達です。

ウィルスから多くの人達を助けたい。
そんな思いで多くの人達がWHOで働いている。










しかし、対策として使っているワクチンに何が入っているのか知っているのは一握りの人間です。
ワクチンにまったく別の危険なウィルスが入っていると誰も思わないでしょう。

だから世界のために、子供たちのために・・・とやるわけですが
犯人はWHOの中にいるんです、気づいてください。









さて、インフルエンザについて
いろいろとコメントを頂きます。
気になった情報では、やはり今回のワクチンは断種ワクチンではないかということです。

WHOのマーク。


何で蛇のマークなんでしょうか。ギリシャ神話、医術の神であるアスクレピオスの杖から来ているという話ですが。非常に怪しい団体です。
調べれば分かるのですが、WHOというのは昔から人体実験をやってきたキチガイ集団です。
何を今さらな話なのですが。

ワクチンなどという得たいの知れない怪しいものを体内に入れる。
ちょっとでも美的感覚があれば、おかしいと思うはずです。

考えるな感じるんだ。
ワタスのブログも含めて世間の情報に振り回されずに、心の羅針盤。
あなたが気持ちいいと思う方向に行くこと。不快と感じる方向は避けること。
自分の感覚に聞いてみて下さい。
これからは、心の羅針盤があなたを守ってくれるはずです。

ワタスから言わせればワクチンを打つなど、不自然だし不快としか思えないのですが。


しかし、良く考えれば分かるはずです。
結局のところ、いつも奴らの手口は同じです。
爆弾テロ等が起きる。その対策として鎮圧部隊を送り込む。
まったくテロと関係ない地元武装勢力が濡れ衣をきせられて壊滅させられる。
実は、テロを起こしたのはアメリカの別動隊という訳です。
本来の目的は地元住民の鎮圧です。

災害が起きる。災害復興という名目で軍隊を送り込む。
同じ構造です。
災害を起こしたのは奴らということです。
たった今もアフガニスタンやインドネシアで起きていることです。

結局、今回の新型インフルエンザ騒動も同じ構造なのが分かります。
本来の目的は人口削減。
そして今回、危険なのはインフルエンザそのものではなく、ワクチンということです。
ワクチンを打てば、子供ができなくなる。
今回のワクチンは、断種ワクチンとうことのようです。

詳しくのっているリンクを張っておきます。金玉を震わせながらお読みください。
http://www.tamekiyo.com/documents/david_icke/its_the_vaccine.html

http://inkyo310.blog16.fc2.com/blog-entry-70.html

http://quasimoto.exblog.jp/11476349/





ワクチンの製造元企業。
ノバルティス社はスイスのバーゼルの会社です。
そして、バクスター社はオーストリアの会社です。
お里が分かるとはこのことです。

スイス、ベルギー、オーストリア。
昔から奴らの本拠地がある場所です。

奴らの本体はヨーロッパの貴族だ。
昔からしつこく言っています。EUを元にして世界統一政府を作る。
なんでEUの本部はベルギーはブリュッセル。欄ベール銀行の重役室にあったんですか。
そこにある元は海軍のスーパーコンピューター。その名はビースト。
世界統一電子通貨は今か今かとその出番を待っているのです。

まぁ、ワタスが書かなくても広くその事実は知られていることですが、
新型インフルエンザなど季節性のインフルエンザと大して危険性は変わらないということです。

ワクチンを打ってはならない。

予防するなら緑茶、紅茶が良いようです。
昔から、お茶を立てる時は一服と言いますが、お茶と言うのは薬という扱いだったのです。
お茶を口に含んで数秒間、うがいをすればそれほど心配するものではないかと思います。
ビタミンDも予防に効果的という情報もあります。

これからの季節、緑茶、紅茶を常時携帯してうがいをしましょう。

奴らの三文芝居に騙されないように。

http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-473.html









玉造さん、情報ありがとうございます。
今回は普通のインフルエンザ並に感染力が弱いようなので、ワクチンなどうつ必要ないですね。



つまり、新型インフルエンザは彼らの失敗作ですね。
もっと感染力の強いものを作る予定だったのに・・・感染力が弱かった
感染してもすぐ治る人が多いものができてしまったと。

アホですね。






イルミナティの手先であるマスコミが新聞・テレビでワクチン接種をあおりますが
みんなうたないように気をつけてね。











動画リンクを見つけたので貼っておきます。

ね、タミフル開発者が言ってるんです。
新型ウィルスは研究所で作られた人工ウィルスだ」って。


(日本語字幕)FOXニュース チメロサールの危険性
http://www.youtube.com/watch?v=ucc6xz545dk

(日本語字幕)エイドリアン・ギブス博士インタビュー
http://www.youtube.com/watch?v=r7YVGZj1Jfk

(日本語字幕)ロシア・トゥデイ 新型インフル発生の真相・バイオテロ
http://www.youtube.com/watch?v=PVZokaPLX-g


スポンサーサイト

山荘でのお話

夕食のあと、山荘ではありがたいお話が聞ける。
これは長い。いつも眠くて寝てしまう人が続出する。

しかしためになる話なので紹介しようと思う。
sansoohanasi.jpg




塾生
豚インフルエンザが流行っていますが、薬の買えない貧乏人はどうしたらいいですか?


川口先生
たとえば、お米にはウンカという虫がつきます。
ウンカが農薬の使い方によって大量に出現することがある。

それはウンカにとって「そうならざるを得ない状況が作り出されている」
ウンカは増えたくない、しかし増えざるを得ない。


インフルエンザも同じです
豚インフルエンザが出てくるということは「そうならざるを得ない状況が作り出されている」
ウンカが増えたくないように、インフルエンザも増えたくない。


そう考えてみますと「ワクチンは根本的解決にはならない」
その作り出している原因をなんとかしない限り問題は解決しない

基本的には人の生命力を高めて病気に対して強くなることぐらいしか対策はないでしょう。



前漢から後漢にかけて漢方の医療技術が完成しました。
あるお医者さんが漢字でまとめた医学の集大成です。

しかし、後漢の末期には人の生命力が弱ってしまい病気になるような状況だった。
どういうことか?
人々は財産や地位や名誉に心を奪われ、抜け殻になっている。
お金や物を得るために毎日を過ごし、自分が何のために生きているのかまるでわかっていない。

そのお医者さんは言ったんです。
「病気になった人が医者のところに助けを求めに来たら、お金が無い人でも助けてあげなさい。同じように地位の高い人、お金を持っている人が助けを求めに来ても、助けてあげなさい。
 自分のお金儲けのために金持ちだけ治療をし、苦しんでいる人を助けないというのは
 医者として人として間違っている。」


日本でも明治以前は漢方薬だったんです。
ところが急速に西洋文明が入ってきた。
それからおかしくなったんです


自分の足元を見た生活、世の中の状況にふりまわされるのではなく
何が正しいのかを自分で判断することが大切だと思います。




(私のコメント)
のほほんとした顔して先生は結構賢い。
裏を読み取る「考える力」をもっておられる。

インフルエンザの流行する原因はユダヤが国連、IMF、アメリカ軍飛行機を使って撒いている。
ワクチンは逆効果。
西洋文明を強要したユダヤ人が犯人
というところまで突っ込んでいってほしいが、無理だろうな・・・



sansotyosyoku.jpg

朝はパンだ。
手作りイチゴジャムやキウイジャム、バターなどをつけて食べるが
市販のジャムとは比べ物にならないおいしさだ。

お昼のお弁当は自分の持ってきた箱につめる。忘れた人には使い捨ての弁当入れがもらえる。
入れ放題だ。


ぜひ一度来てほしい。
これから日本は輸出で稼いで外国から安く食料を買うことはできなくなる。
いままでの30年間はデタラメ経済だったのだ。
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2009/05/200912-0c85.html

国内産で食料を調達しようとするととんでもない金額になる。
しかし、食料価格が上昇するのは目前に迫っている。
だから自分で食べ物を作るしかない。

あるいは宇野正美氏のように倉を建てて備蓄するかだが。
備蓄に関してはこちらも参考にしてほしい。

黄金の金玉を知らないか?
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-328.html

備蓄OL
http://ryoko07.blog79.fc2.com/


奈良県の自然農園は人々はみな謙虚で、親切な人ばかりだ。
塾ではユダヤ問題、アセンション、フォトンベルト、通貨問題、利子の問題などが話題にのぼることも多い。
なぜかアメリカ人なども習いに来ていて、サバタイ派もいるようだが・・・気にしない(‘‘!)

とにかくあなたが生き残ることを考えてほしい。
kakasi1.jpg

パンデミックはWHOの自作自演?

藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2009年4月28日 新型インフルエンザ広がる
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2009/04/200928-feaf.html


いまだパンデミックまでまだ至ってないようですが、しかし状況は刻一刻と変わっておりますのでいつパンデミックと言う状況になるかそれはわからないし、なにしろインフルエンザは多少、潜伏期間がありますのでこれから一気に発症してくるとそれは大変なんだろうと思うんですよね。

今回のこの状況を見ておりますととにかく世界の人と物の移動があまりにも激しくて結局、渡航制限ということができないというのが現実的な答えだったようであります。

すでにメキシコからアメリカへ、さらにイスラエル、韓国でも一人疑わしい人が居る。
さらにヨーロッパまで広がっておりますのでこれから感染国が広がっていくんじゃないかなと考えられます。

基本的にワクチンがないわけですから、とにかく家にいろと
(これから)致死率が高いとか、感染力がさらに強いということがわかるとですね
町はシャットダウン状態になることは避けられないと思います。

昔SARSがありましたね、あの時はアジア各国で町はシャットダウン状態になりまして
それこそ昼間から誰も歩いてないというような状況になったわけですね。
ホントに感染地域が世界中に広がった場合はですね、世界がいったん止まってしまうというようなことが考えられます。

サブプライムで金融が止まり
リーマンショック以降の出来事で貿易が止まり、製造業が止まり、経済が止まり、
そして今回の新型インフルエンザで生活が止まると。なんかそんな感じでしょうね。

食料とか資源なんかも入ってこなくなる可能性があるわけですよね。
今までの生活基盤がひっくり返る前に、少なくとも二股かけとくってことですね。




(私のコメント)
私の会社でも豚インフルエンザが怖いと言ってる方がおられます。
「今まで何千年も豚インフルエンザなんか出てこなかったのに突然出てきた。
 おかしいと思いませんか?
 勘ですけど、WHOそのものをあんまり信用しない方がいいと思いますよ。」

こんなことを言っても世界の構造や全体像が見えてないと意味がわからないでしょう。
日本人は自分で考えるという人が大幅に減ってしまった。
だからといって言わないわけにはいかないから言うのですが・・・


今回の件でもやはりグローバルスタンダードがインチキだったことが証明されましたね。
日本は食糧のほとんどを輸入にたよっています、いつ食料価格が上昇し始めるか?
自分の食べる分くらいは自給自足できるように対策をしておく必要があります。

しかし
金融の破綻をごまかそうとするにはいい手口ですね銀行家のみなさん。

正体がバレバレとなった今、
あなた方がWHOというインチキな公共機関を使ってデタラメをごまかしていることぐらい
日本人は気づいてますよ?









豚インフルエンザ

アク禁です。


http://society6.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1239962805/
254 :ソーゾー君 ◆EBflthwCoQ :2009/04/25(土) 12:44:09 ID:jKniOamR
アメリカとメキシコで、本来ブタにしか感染しないインフルエンザが人に蔓延する
と銀行家の玩具のWHOが自作自演の行動計画を発表したようですね

283 :ソーゾー君 ◆EBflthwCoQ :2009/04/26(日) 13:30:10 ID:VmoFWndY
銀行家は鳥と豚は家畜として効率が良いから採用して欲しくないのです
鶏や豚は残飯を喰ってくれる、糞も肥料になるので循環します
子供も沢山生むし成長も早い、食肉としては一番効率が良いのです
昔は殆どの国が牛を食肉として採用していなかった、牛乳を利用したり畑を耕す為に利用した
牛肉を食べ始めると食料自給率が必ず落ちます

捕鯨反対運動を煽っているのも牛肉産業の連中です、理由は食の支配です
食の支配をする為に先ず行う事はその国の自給率を100%以下にする事です




(私のコメント)
豚インフルエンザを完成させたようですね。
インフルエンザ、鳥インフルエンザを含めてこれらすべては生物化学兵器です。
国連、IMF、WHOなどの名前に隠れてユダヤ金融資本の連中が作った。

破壊兵器を作るのが得意なのは誰ですか?
原爆、水爆を作ったのはアシュケナージのユダヤ人ではないですか。

もうひとつ、インフルエンザの薬を作って特許で儲けているのはどういう連中ですか?
タミフル
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%95%E3%83%AB
1996年に米ギリアド・サイエンシズ社(1997年から2001年まで元アメリカ合衆国国防長官のドナルド・ラムズフェルドが会長を務めた)が開発、スイスのロシュ社がライセンス供与を受け製造、販売を行っている

ニューヨークのネオコンじゃん


と来れば豚インフルエンザも誰が作ったのか一目瞭然。
人類が何千年も暮らしてきて今まで無かったのに
突然出てきた豚インフルエンザ


作った犯人は
はじめに「豚インフルエンザが原因で~」と発表した連中ですw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。