スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近親結婚

ロスチャイルド家(横山三四郎 著)より



初代マイヤーは幼い頃ラビ(ユダヤ教導師)になる勉強をしたことがあるだけに熱心なユダヤ教徒で、子供たちにもユダヤ教を守ることについては厳格だった。
これが一族の連帯と男の血統を重視する初代マイヤーの遺言と絡み合って同族結婚と言う一族のもう一つの特色が生まれることになる。
民族の宗教であるユダヤ教を大切にする一族の家風から、男はユダヤ教徒の女性と結婚するというのが暗黙の家訓とされ、長男アムシェルから四男カールまではそれぞれ順当にユダヤ女性と結婚した。
ところがパリ在住の伊達男ジェームズが1824年に相手に選んだのは、なんとウィーンの次男サロモンの娘ベッティだった。
つまりは姪と結婚したわけである。

ベッティは才女であると共に大変な美人でパリ社交界でも評判になるほどだったから、ジェームズがほれたのも無理は無かったとしても、この身内との結婚依頼、ロスチャイルド家では近親結婚が相次ぐようになる。
初代マイヤーの孫は、18組の結婚のうち実に16組が従兄弟姉妹で結婚した。その後もほぼ半分が一族同士の血族結婚とという傾向が続いている。

フランス分家の3代目、アルフォンスの嫁がロンドン分家の従妹であるレオノーラで
ウィーン分家の4代目、フェルナンドの嫁がイギリス分家の従妹、エベリーナと言った具合だった。

こうした結婚はハプスブルグ家などヨーロッパの王家ではよく見られる。政治的理由に加えて他所につりあいの取れた相手が見つからないためである。
ロスチャイルド家の場合もできるだけ資産を散逸させたくない、一族の中に他人を入れたくないという金持ち特有の思惑だけでなく、王家とおなじように、すなわち比類ない資産家であるために似合いの相手が他所に見つからず、やむを得ず親戚に花嫁候補を探すという事情はあったようである。

また5兄弟とその家族は常に仲良く協力し合わなければならないという一族の家訓、それと初代マイヤーが娘に家業への参加を禁じたこともこれを促進する要因になった。

つまり定めでは婿もロスチャイルド商会に入れないため、同家の娘が受ける恩恵は持参金だけでしかなく、結婚してしまえば一族とは縁が切れてしまう。

だが一族の男と結婚すれば一族の繁栄をずうっと享受することができる
だけでなく、息子の側にしても互いにユダヤ教徒であり、宗教上からも問題がない。
この点、娘たちの場合はそれほど厳しくは無く、ユダヤ人以外との結婚も許され、とくにロンドン分家ではネイサンの孫娘ハナがローズベリー卿に嫁ぐなど、裕福な貴族と次々と結婚してロスチャイルド家の閨閥を広げていった。
一族の系図をみると子供が少なく、子宝に恵まれない夫婦も多い。またエキセントリックな性格の人が珍しくなく、自殺した者もいて、近親結婚の弊害と考えられている。
だが同時にそれによってロスチャイルド家の人並み優れた活力が継承されてきたことも否定できないようだ。






ニューワールドオーダーというロスチャイルド・イルミナティの世界支配計画があります。
彼らは中央銀行の株主となることで「通貨を発行するだけで」その国の政府から利子を盗み取っている泥棒です。
そして彼らの最終目標は自分たちは支配者であり、神であり、それ以外の人間は奴隷にするというものです。奴隷の数が多ければ、飢餓や断種や水道に毒物を入れたり、食べ物に発がん性の物質を入れたりしてその数を減らす。
逆らう人間は何も買うことも売ることもできないようにするために、全人類にマイクロチップを埋め込む。
すべての宗教を破壊し、悪魔を崇拝させる。

こういう予定ですね。

まさにキチガイ。

それであげくの果てには聖書に書かれているイエスの復活を演出して自分たちが救世主になろうとしている。そのために自作自演で世界最終戦争を起こそうと考えているんですね、いや~まいったなあ。
なんでこんなひどいことができるのか?なんで自分たち以外の人種は下等でブタだと言うのか?
長い間疑問に思っていましたが、要するに↑こういうことですね。
ロスチャイルド家は近親結婚をひたすら繰り返してきたんです

近親結婚は日本では法律上禁止されていますが、その理由は遺伝子に異常が出やすいからですね。
兄弟姉妹とか親族の間で結婚すると奇形の子供が生まれたり、発育の遅い子供が生まれたり、精神に異常がある子供が生まれたりするわけです。
だから、日本では結婚できませんが、ロスチャイルド家は代々ず~っと近親結婚を繰り返してきたんですね。
それは初代マイヤーが「女は家業をするな」という取り決めをしたことが関係しています。ロスチャイルドの娘が他の家の男性と結婚してしまうとロスチャイルド一族とはまったく関係無くなってしまい、贅沢すぎる生活を続けられない。だから、ロスチャイルド家の親戚と結婚する。そうすれば結婚した後もお金に困らない人生が歩めます。
まあ、なんというか他人がいや普通の人が聞いたらおかしな話です。

彼らの一族の資金はもともと「中央銀行」を支配することで政府から掠め取った利子です。

サギですね
「中央銀行」が国のものであれば、彼らは1円も利益を得ることはできない。だから次々と世界中の中央銀行の株を買いあさって、株主となったわけです。
アメリカの中央銀行であるFRBの株主を見てください。全部「私立の」銀行が株主になってるでしょう?





http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E9%82%A6%E6%BA%96%E5%82%99%E5%88%B6%E5%BA%A6
日本銀行のように政府が株式を所有していない。ロスチャイルド系、ロックフェラー系財閥などの国際金融資本が、現在に至るまで最大の株主となっている。
正式には公的機関ではなく民間銀行である。

マリンズらは、1914年におけるニューヨーク連銀の株主であった金融機関は次の通りと主張している。

1.ロスチャイルド銀行・ロンドン
2.ロスチャイルド銀行・ベルリン
3.ラザール・フレール・パリ
4.イスラエル・モーゼス・シフ銀行・イタリア
5.ウォーバーグ銀行・アムステルダム
6.ウォーバーグ銀行・ハンブルク
7.リーマン・ブラザーズ・ニューヨーク
8.クーン・ローブ銀行・ニューヨーク
9.ゴールドマン・サックス・ニューヨーク
10.チェース・マンハッタン銀行・ニューヨーク






彼らこそ犯人です。
彼らこそ「政府を自動的に借金状態にする」犯罪者であり、民間銀行です。
彼らのキチガイは止めなければなりません。

だからすべての中央銀行を国有化して、彼らを株主としての地位から追放する必要があります。
「私立の銀行」こそが今の世界を不況に、恐慌に陥れている犯人であり、我々が安心して暮らせる社会を作るためには「全銀行の国有化」が必要です

リンカーン大統領がとった「政府紙幣の発行」という手もありますが、現在の通貨の発行権をロスチャイルドに握られている限り「政府の負債」は減りませんし、また通貨の発行量を過剰供給されてバブルを作り出されるという心配も残ります。
なにより、ロスチャイルドの手先である市銀が準備率0.01%などと手持ち資金の100倍を貸せる状態にあるわけですから、政府が紙幣を発行する権限を手に入れても同時に「彼らの発行権、信用創造」はほうっておくのか?という矛盾があります。



姪と結婚する、なんて言うと日本では「ちょっと変な家族なのかな?」と思ってしまいますが、ロスチャイルドはそれを長い間ひたすら続けてきたのです。
彼らの計画はそういったキチガイの発想から出ていますので、一般の人が「世界支配」と聞いても信じられない気持ちはわかります。
私も調べているうちにだんだんと世間一般から離れた位置に来てしまい、「9.11は自作自演だよ~」とか「彼らは悪魔を崇拝しているんだよ~」とか「戦争は全部彼らが起こしているんだよ~」とか言うことが平気になってしまいました。
しかし、世間一般の人からすれば考えもしないことであり、この溝をどうやって埋めようかな・・・と最近考えるようになりました。

ああ、なんとかうまい方法はないものか。








スポンサーサイト

コメント

今の世の中の人は生まれたときから真逆の世界で生きてきたのでそれをひっくり返すのは難しいですね。でも気付く人は、偶然ではなく何かに導かれ気付きます。

Re: タイトルなし

> 今の世の中の人は生まれたときから真逆の世界で生きてきたのでそれをひっくり返すのは難しいですね。でも気付く人は、偶然ではなく何かに導かれ気付きます。

コメントありがとうございます。
偶然でも何かに惹かれてでもいいと思います。
中央銀行が国と国民から利益を盗んでいることを伝えないと。

No title

なんかトラックバックをしてもブログランキング上位のブログは反映しようとしません。9割形工作員ばかりなのですね。全然数も増えないから株式日記と阿修羅に投稿しようと思っています。百式さんもいかがでしょうか?ユダヤ系は・・・どうだろう、外国人あたりのカテゴリーに入るんじゃないでしょうか?一人でも多くの人に流布するためには他に何ができるでしょうかね?

Re: No title

> なんかトラックバックをしてもブログランキング上位のブログは反映しようとしません。9割形工作員ばかりなのですね。全然数も増えないから株式日記と阿修羅に投稿しようと思っています。百式さんもいかがでしょうか?ユダヤ系は・・・どうだろう、外国人あたりのカテゴリーに入るんじゃないでしょうか?一人でも多くの人に流布するためには他に何ができるでしょうかね?

コメントありがとうございます。
いろいろとありますが、とりあえず地道にブログを続け、知り合った人や友人に「ブログを見に来てよ」と言うのが一番かと思われます。
あとは経済学部関係の掲示板に論戦を吹っかけるとか。


コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

これが周知、認知されなければ日本はいつまでも失われた国家だ

クリックの程よろしくお願いします。     長期金利が急騰すると大変だ。公務員制度改革もできていないし、ギリシャ危機と同じ構図であ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。